出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

倒産した会社の高根の華だった女がデリヘル嬢になっていた

勤めていた会社が倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶことに。
ろくに顔写真も見ず、無指名でホテルで待つこと10分。
そこに現れたのは、倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高嶺の花だったY美。

勤めていた当時、何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならない俺はY美をズリネタしていたものだった。

向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうがいいですよね」と早々に帰ろうとする。

Y美の腕を引っ張り、「まあ、中に入りなよ」と強引に引きずり込んで「大変そうだね、なかなか再就職は難しいよね」と声をかけるも、「あの・・・私、・・ちょっと無理なんで・・・チェンジしてもらっていいですか?」と半分パニックになってる。

こんなチャンスはまずないと、「選べるのはお客の方だよね?・・・クレームつけたくないし、俺、あまり時間もないんだよね」とチェンジする気のないことを伝えると・・・。

「Tさんが前から私に好意を寄せてくれてたのはわかっていました。仕事中にいつも私のこと目で追っていたのも知ってます。でも・・・私、あなたは生理的に無理なんです。だから・・・お願いします。帰してください」

半ば泣きながら懇願してきた。

(・・・俺のことそんなにキモかったんだ。そんなに俺のこと嫌いだったんだ・・・)

俺は、そんなに嫌なら仕方ないかと思うどころか、『絶対にやってやる。思い切り感じさせてやる』と燃えに燃えた。

俺「チェンジはしないよ。Y美さんの思ってた通りです。俺・・・ずっと君が好きで好きでたまらなかったし、こういうところで再会できたんだから、遠慮なく遊ばせてもらいます」

きっぱり言った。

俺のこと冷たい視線で見ていたY美は、そんな俺の言葉をさえぎり、「失礼します」とさっさとドアに向かって歩き出し「クレームつけるなら、どうぞ好きにしてください」と言い残して帰ろうとする。

その後ろ姿に・・・。

俺「俺さ・・・前の会社の人達とたまに会うんだよね。来週も会うことになっているんだ。ほら、Y美さんと仲良かったK美さんも来るよ。Y美さんがとても元気そうにしてたって、みんなには言っておくね」

Y美の顔色が変わった。

Y美「どういう意味?」

俺「別に・・・ただ、近況報告と思ってさ」

Y美「今日のこと言ったら、あなただってこういうところで遊んでることがばれるでしょ」

俺「俺は男だからさ・・別にどおってことないよ」

しばらく沈黙のあと・・・。

Y美「汚い人・・・、ずるいわ。嫌だって言ってるでしょ・・・、身体が受け付けないの」

俺「そうなんだ。でもY美さんが嫌でも、俺は嫌じゃないし」

Y美「ここで帰ったら・・みんなに言うんでしょ」

俺「うん、言うよ(きっぱり)」

Y美はキッと俺を睨み付け、「絶対黙っててね。約束して!」と怒りながら自分の携帯で「今、部屋に入りました。終了したらまた連絡します」と店に電話を入れた。

(よおし!)

心踊る気持ちを抑えながら「じゃあ・・よろしくお願いしますね」と俺。

「いやあ・・俺もね、ようやく再就職が決まってね。職種が同じなんで、なんとか採用されたんだよね」

話し掛けるも、興味ないといった素振りで「先にシャワーします」とY美はバスルームに消えていく。

ここで彼女のスペックを。
背は身長160センチくらい。
体型は普通。
痩せてもいなければ太ってもいない。
ただ胸はいわゆる鳩胸。
おそらくDかFはあるだろう。
ヒップも適度な丸みがあって、つまりはいい身体してるだろうな、と想像してしまうような感じ。
Y美が言ってた『目で追う』とはまさにこの事。

で、バスルームに消えていくY美を「ちょっと待って」と呼び止め・・・。

俺「あのさ・・・もうプレイ時間に入っているし、色々してもいいんだよね?」

Y美「え?・・」

俺「だからさ・・・身体とか・・・触ったりしていいんだよね?」

Y美「・・・ええ・・・」

俺「じゃあ・・・ごめんね・・・ちょっと、服の上から・・・ごめんね」

一応断ってから、おずおずと手を延ばして、弾力のある胸を両手で揉む。

(やった!とうとうY美の胸に触れた!)

俺「や、柔らかいね(思わず声がうわずる)」

Y美「・・・(明らかに嫌悪感丸出し)」

執拗に胸を揉む俺に、「もう・・・いいですか?シャワー浴びたいので」と、こっちの返事を聞く前にそそくさとバスルームへ向かうY美。

(ふん、まあいいさ・・・これからじっくりと身体を堪能してやるからな)

しばらくしてシャワーを終え、バスタオルを身体に巻いて出てくるY美。
ほのかに見える胸の谷間がたまらない。
グッとこらえて俺もバスルームに。
入れ違いでバスルームに入ると、湯気とともにY美が使っていたボディソープの香りが漂う。

(たった今、ここでY美が全裸で身体を洗っていたんだ・・・)

そう思うだけで、もうチンポはギンギンどころかこれまでにないような硬さに。
わざわざ二つ用意してあるスポンジも当然、Y美が使ってた物を使う。
急いでシャワーから出ると、Y美はバスタオルを巻いたまま途方にくれたようにソファに座っている。

目の前で腰に巻いていたタオルを取って身体を拭きながら「お待たせ。何か飲む?」と声をかけるも「いえ・・・いりません。それより・・・早く済ませていただけますか?」と目をそらし気味に小さな声で言うY美。

「そうだね。時間もあることだし。わかった。じゃあ・・・始めようか」

Y美と対面のソファにタオルを敷いて、チンポ丸見え状態で腰掛ける。

俺「Y美さん・・・ちょっと立ってみてくれる」

Y美「・・・」

無言で言われた通りにするY美。

俺「じゃあさ・・タオル取って・・身体見せてよ」

Y美「・・・」

俺「早く。Y美さんは風俗嬢で俺は客なんだよ。割り切った気持ちになりなよ」

観念したかのように、ゆっくりとバスタオルをとって、手で乳房と股間を隠すように立つY美。
無言でY美に近づいて、身体を隠してある手を取って脇に。
あまりの見事な身体に声も出ない。

(素晴らしい・・・想像以上だ!)

お椀型のおっぱいに薄茶色の乳輪と乳首。
くびれた腰。
処理してなさそうなのに上品な薄い陰毛。
どれを取っても俺にとっては芸術品だ。
舐めるような目で整った顔立ちと身体を何度も見返す。
恥ずかしさと、触られるのも嫌であろう俺に身体を見られて、顔が紅潮しているY美。
乳房をやんわりと揉みながら乳首を摘むと、「んんっ」と可愛らしい声を漏らす。
その口を塞ぐように唇を貪る。

手ではねのけるように否むY美に、「ディープキスはプレイのひとつだよね」と強引に舌を絡ませるように吸う。

否み続けるY美に一度唇を離してから「ちゃんとプレイしてよ。お金もらっている以上、仕事でしょ。真面目にやってよ」と表向きは事務的に話すが、そうはいかない。

再び唇を絡めると、Y美も仕方なしか絡めてくる。
右手は乳房を揉み、左手は背中から尻を撫で廻し、絡めていた唇から、うなじ、首筋に舌を這わすと「あ・・・ぁ」と声にならない声で囁くように悶えるY美。
堪能するように弄っていた手を尻から太ももあたりを撫でると・・・なんとそこは!
Y美のあそこから溢れ出たのであろう、蜜が伝わっていた。

そう・・・敏感な身体のY美はすでにびしょ濡れ状態だったのだ。

早く確かめたい衝動にかられた俺は、Y身の身体を抱えるようにベッドへと運ぶ。
放心状態のY美は力なく横たわるが、羞恥心だけは失わないのかあそこだけは手で覆い隠す。
構わず腰の下に手を入れて、枕を当てて腰を浮かせる。
そのまま脚を開かせようとするが、「いやっ!」とばかり必死に抵抗するY美。
ここまで来たら理屈はいらない。
強引に覆い隠している手をどけて脚を開かせ、夢にまで見たY実のあそこを。
・・・目が眩むほどの光景だった。

俺「Y美さん・・・さっき身体が受け付けないって言ってたけど、その割にはすごい濡れてるね」

Y美「ち、違います。さっきシャワーのあと、ローション塗ったんです」

苦し紛れのY美。

「ローションねえ・・・」

指2本ゆっくり挿入しこねると、ぬちゃぬちゃと湿った音が。

「ああ・・・ん・・・」

甘いさえずりがY美の口からこぼれる。

「これ、ローションかなあ・・・」

指をゆっくり出し入れすると腰をくねらせ気味に。
蜜の溢れ方がまたエロい。
まるで奥からスポイトで抽出しているような溢れ方。
糸引くどころではない。
Y美は指はシーツをギュっと掴み、タオルの端を噛んで声が出ないように耐えている。

さて・・・俺ばかり責めていも仕方がない。
そろそろ・・・。

「俺のも、見てくれる」

はっと我に返ったようなY美。

Y美「あの・・・」

俺「俺のチンチン、まだ見てくれてないよね。まずは見てよ」

お腹に付きそうなくらいになっているギンギンなチンポを目の前に出した。

俺のチンポスペック。
標準よりは大きいと言われる。
16センチくらい。
太さもあるが、なんと言ってもカリが自慢。
いわゆるズル剥けチンポ。

「あっ」と口を半開きにして「すごい・・」と思わず口にするY美。

「どう?気に入ってくれた?触ってくれるかな」

俺はY美の手を取りチンポへ導いた。

最初は俺の手の通り動かしていたY美だったが、そのうち自分から太さ、長さを確かめるような手つきに。
明らかに最初の頃と反応が違ってきている。

「フェラチオしてもらっていいかな・・」

しばらくチンポを触っていたY美だったが、思い直したようにそのまま可愛い口元へ。
先の汁を舌で掬うように舐めていたが、口を開きてズルズルと呑み込むとそのままゆっくりとフェラ。
苦しいのか涙目になるも、そのうち一心不乱にしゃぶりだす。
あのY美が、夢中になって俺のチンポをしゃぶってる・・・。
そう思うだけで、あまりの興奮に恥ずかしながらイキそうになってくる。

「Y美さん・・すごいね。キモい俺のチンポなのに」

そう言うと観念したようにY美からは衝撃の告白が。

Y美は、俺のことはマジでキモい対象だったのだが、同時にオナニーのおかずにしていたと言う。
キモい俺にやられることを想像するだけで、異常な快感を得ていたらしい。
それが今日、現実となった。
ついさっきまでは、現実ではあり得ないし絶対無理と思っていたが、触られたりしているうちに、妄想していた展開に身体ばかりか心までが反応してしまったと言った。

「そうだったんだ・・・だからこんなにビショビショになんだね。でも光栄ですよ、俺を思ってオナニーしてくれてたなんて」

あそこを弄りながら俺が言うと、「そんな・・・言わないでください」と潤んだ目のY美。

「いやね、俺もY美さんのことおかずにしてましたよ。わかっていたとは思いますけどね」

やっぱり・・・みたいな妙に納得顔のY美。

「誰にも言わないから安心してくださいよ」

今度はY美の股間に顔をうずめて舐めだす。
ベロベロとまさに犬のよう。
Y美はよがり悶える。
舌をクリに触れるか触れないかのようにツンツンすると、自ら腰を突き出して舌に擦りつける。
かなりのエロ女だ。

我慢も時間も限界に来た俺は「Y美さん・・・いいよね・・・」と言いながらY美の腰を持って引き寄せ、チンポをナマのまま入り口に押し付ける。
拒否しないY美。
受け入れ体勢だ。
そのまま奥深く入れ込むと、「あうぅ・・・」と呻きに近い声を上げて白目状態。

(感激だ!とうとうY美とセックスすることが出来た!)

夢中で腰を振る俺に、手を腰に廻して応えるようにするY美。
顔を近づけると自分から舌を求めてくる。
ちなみにその日は延長して3回ナマで中出し。
あとで聞いたが、オナネタだったキモイ俺とのセックスもそうだが、やはりそれ以上にチンポがかなり良かったらしい。

後日談。
その後、数日してY美を呼び出した。
連絡先は前回の時に強引に聞き出した。
この前は別れ際、満足してすっきりした事もあったためか、多少の笑顔をみせてくれたY美。
会社に勤めていた頃はなら絶対に見せてくれなかった顔だ。

数日経って呼び出した時の反応は「行かないとダメですか・・・」みたいな反応で、「何とか都合付かないかな」と言うと、「わかりました」と仕方なしに応じた感じだった。

Y日は約束の7時に時間通り来た。

俺「悪いね、呼び出したりして」

Y美「いいえ」

やっぱりいい女だ。
美形だし服の上からでもスタイルの良さがわかる。

俺「どう?食事でもしようか」

Y美「あの・・・」

俺「なに?」

Y美「あの・・・私、この前言いましたけど・・・無理なんです」

俺「何が?」

Y美「ですから・・・一緒に食事とか呑んだりとか・・・そういうのは・・・」

そか、俺はまだキモい存在だったんだ。

俺「あ、そう・・・じゃあ、なんで来たの?」

Y美「あの・・・それは・・・」

俺「セックスしたいから来たの?」

顔を染めるY美。

「いえ・・・ちが・・・あの・・・」

明らかに動揺している。
俺も最初から分かってはいるものの、少し意地悪してやれと・・・。

「からかうつもりなら来なければいいじゃん。ごめんな貴重な時間を。じゃあまたね」

俺が帰ろうとすると、慌てた声で・・・。

「待ってください!」

振り向くと俯いたままのY美。

「あの・・・この前と・・・同じに・・・して下さい」

搾り出すのがやっとという声で言うY美。
傍に近寄り、耳元でそっと、「そうか、わかった・・・仕方ないよな・・・性欲には勝てないよな」と言うと、カァと真っ赤な顔に。

「じゃあ・・行こうか」

そそくさと歩く俺に、付かず離れずと言った感じで付いてくるY美。

(また今日もY美の身体をじっくりと堪能できるんだな)

そう思うだけで勃起してくる。

俺「さて、今日は一緒に風呂入ろうな」

Y美「え、それは・・・」

ラブホに着くなり、Y美の躊躇にも構わずさっさと服を脱いで裸になる俺。
すでに勃起全快だ。
見せ付けると、俺のチンポを潤んだ目で見てるY美。
おそらくもう蜜が溢れているはずだ。

「先に行ってるよ」とバスルームに。

シャワーを浴びていると、Y美が入ってきた。
今日は身体を隠していない。
白くまぶしい肌がバスルームの白い光に照らされる。
柔らかそうな豊満な乳房。
くびれた腰。
黒々としたヘア。
まさに大人の女の身体だ。
遠慮なくY美の身体を見入る。
Y美も俺のチンポに釘付けだ。

シャワーで身体を濡らし、スポンジでソープを泡立て、手に取りY美の身体に塗りたくる。
弾力ある柔らかい身体だ。
Y美も2度目からか、遠慮しがちではあるものの自分からチンポを触りだす。

俺「よほど気に入ってくれたようだね、これ」

Y美「・・・」

無言でふぐりから棒まで、両手で丹念に、入念に弄るY美。
あれほど俺をキモい、と言ってたY美なのに。
どうやら裸の俺は服着てる俺とは違うらしい。
膝付いて自らチンポをしゃぶりだす。

「あぁ・・」と声上げながら美味しそうにしゃぶってる。

俺は決心した。
必ず俺の女にしてやる。
俺から離れられない身体にしてやる。

バスルームからベッドに行く際は、抱っこしてY美を運んだ。
Y美も俺の首に手を廻している。
寝かせてから抱き締め首筋にキスしながら・・・。

俺「俺のこと・・まだキモいか?」

Y美「いえ・・・前ほどではなくなりました」

俺「じゃあ、俺と付き合ってくれよ」

Y美「・・・」

俺「嫌?」

Y美「もう少し・・・時間を下さい」

会話をしながらY美の手を取りチンポへと導く。

Y美「これ・・・本当に・・・すご・い」

俺「Y美さん、誰かと付き合ってるの?」

Y美「え、・・・付き合ってるというか」

俺「いるんだ?」

Y美「・・・そこまでは」

俺「誰?俺の知ってる人?」

Y美「・・・はい」

俺「誰?」

Y美「Tさんも知っていますよね。営業にいたHさん・・・」

(けっ!あのチャラいイケメン野郎か!)

ちなみに俺は技術屋。
ヘラヘラした馬鹿とは頭が違う。

俺「そっか・・・H君とね。もう・・・寝たの?」

Y美「はい・・・」

俺「ふうん・・・イケメンで格好いいしなあ。で、エッチは俺と比べてどう?」

Y美「まるで違います。比較になりません」

キッパリと言い放ったY美。
聞いてみると、自分勝手でしかも、早い・小さい・下手の三拍子揃いとの事。
そか、あのイケメン野郎はたいしたことなかったのか。

俺「だから男は顔じゃないんだよ。中身が大事なんだよ。わかるでしょ?」

Y美「・・・は・・・い」

俺「あまりよくわかってないようだね」

Y美に改めて理解させるため、覆いかぶさりそのままナマ挿入。

「あぅ・・・!」

喘ぐY美。
しかし・・・ゆっくりと出し入れして、すぐに抜いた。

「え・・・?」

そんな・・・みたいな顔するY美。

俺「欲しい?」

Y美「はい。欲しいです」

俺「じゃあ・・・挿れてやるから自分で導いてみな」

チンポを手に取り、自分からあてがうY美。

「俺と付き合ったら好きな時に味わえるんだぞ」

Y美の顔が気持ち良さげに歪んでる。
体勢を入れ替えY美が上に。
夢中で腰を振るY美。
クネクネといやらしい腰使いだ。
本当に見れば見るほどいい女だ。
しかもエロい。
あともう少しで落ちるな。

最後に俺が上になってディープキスしながら交わる。
夢中で俺の舌を吸うY美。
今日はどうやら危険日らしい。

「避妊して欲しい」と頼まれていたが、当然、外に出す気はない。

最後は思い切り子宮の中に出してやった。

孕む可能性は大だ。