温水プールで相○紗季似の塾の先生と秘密の授業をした話

僕の実家は、東北の片田舎。小学生の頃、家の近所に突然日帰 り温泉施設ができた。コンクリート会社(笑)が作った、一風 変わった温泉である。檻に入ったイノシシがいたり、居酒屋か 屋台風のカウンターがあったり……。

風呂自体は普通の公衆浴場風なのだが、洗い場のドアを開けると、そこは屋外プールなのだった。

もちろんプールサイドには個室シャワーやトイレもあるのだが、 ほとんどの利用者は、浴場の脱衣所で水着に着替えて、 浴室内を通り抜けてプールに出るという、ちょっと間抜けな使い方をしていた。
プールは小学校にあるような、普通の25メートルプールである。
でもはってあるのは、水でなく温泉。しかも茶色っぽいにごり湯なのだ。「ぬるめの風呂」という感じの温度で、北国なのに5月から10月くらいまで入れた。

そのプールは、休日の日中は親子連れで結構にぎわっていた。平日の夕方も、小中学生がちらほら。

ところがこのプール、夜になると実に微妙な雰囲気になる。
プールというより、露天風呂的な感じになるのだ。

浴室の洗い場の外が、すぐプールサイドになっているので、裸のままベンチでちょっと涼んだり、そのままプールに入ったりする人がいるのだ。

もちろん夜でもちゃんと水着を着て、プールとして使っている人も少しいるのだが、照明が暗いこともあり、裸の人と水着の人が混在していても、それほど違和感はなかったように思う。

一応25メートルプールなので、端と端にいれば、お互いよく見えないし。
僕の家からは歩いていける距離だったので、この温泉には週1くらいのペースで通っていた。
ついでに30分くらいプールで泳ぐのが習慣になっていた。

田舎では、わざわざ暗いプールで泳ごうなんて考える人も少ないのだろう、大抵は広いプールを独り占めできて快感だった。
たまに入っている人がいても、せいぜい1家族か1グループという感じだった。

酔っぱらって露天風呂感覚で入ってくるオヤジもいたが、風呂にしてはぬるすぎるので、早々に内風呂へ戻る人がほとんどだった。
前置が長くなってしまった。そろそろ本題に入ろう。

その日も僕は気分良く泳いでいた。確か夏休み前で、外はまだまだ薄明るかったのを覚えている。

バタンッ!女湯のドアが閉まる音がして、競泳水着にキャップ、ゴーグルの女性が現れた。

(にごり湯(半透明くらい)だから、本格的に泳ぐには向かないんだけどなあ)
なんて思いながら、プールの中央で泳いでいた僕は、男湯側の端に移動して泳ぎ続けた。
その女性は僕と反対側の端で泳ぎ始めた。

ゴーグルなしで温泉に顔をつけるのが嫌だったので、僕はいつも顔を上げたままの平泳ぎだった。
手も足もゆっくり大きめにかく。その日もいつも通り、のんびり泳いでいた。

すると先ほどの女性が、プールの中を僕の方へ歩み寄ってきた。
「平泳ぎ、上手ですねえ!」
(うわっ!僕パンツはいてないんだよ。あんまり近づかないでよ…… にごり湯だから見えないだろうけど)

「あ、はい(汗)、一応スイミング通ってたので……」
女性がゴーグルをはずすと、なんか見覚えがあるような……。

相手もなんか気付いたみたいだった。

「あれ!?○○塾の、……美咲先生!」
女性は隣の市にある塾の先生だった。
僕は長期休暇のときだけ、その塾の講習会に参加していたのだ。

その塾には、他にも同じ名字の先生がいたので、皆「美咲先生」と名前で呼んでいたのだ。
授業もわかりやすく、相○紗季ちゃん似で人気のある先生だった。

「ん、君はええと……」

「斎藤です、斎藤修。春期講習で先生に教わりました」

「あー、春期講習でねー。家、この近くなの?」

「はい、すぐそこです」

「私も実家がこの近くなの。ふだんは大学近くのアパートなんだけど。最近毎日泳ぎに来てるの」

美咲先生は大学生なのだった。塾はバイトだったのか。
「先生、僕もう上がりますから。さようなら!」

やはり相手が水着を着ていて、自分が裸というのは、なんとも落ち着かないものだ。午後8時をすぎて、辺りはすっかり暗くなっていたし、お湯はにごっているので、実際は見えないはずなのだが。挨拶もそこそこに、僕はプールを上がると男湯へ駆け込んだ。
翌日も一人でその温泉へ行った。2日連続なので、入浴料をくれるとき、母はちょっと渋い顔をしたのを覚えている。

「美咲先生、来てるかな?」

また会いたいような、会いたくないような……。
でも2日連続で来たということは、会いたいんだよな(笑)。
昨日は恥ずかしかったけど。

温泉に着いたとき、もう8時を過ぎて、辺りはすっかり暗くなっていた。男湯の洗い場のドアをちょっと開けてプールを覗いてみると、美咲先生らしき人が泳いでいるのが見えた。

先生が向こう岸に着く頃合いを見計らって、僕は急いでプールに駆け込んだ。
(それにしても先生、泳ぐの遅いな。あれ?今日は帽子とゴーグルしてないな)
美咲先生は、やっとターンしてこちら岸に向かってきた。

ショートヘアの美咲先生は、帽子をかぶっているときよりも数倍かわいく見えた。

「あーっ!修くん!今日も来たんだー」
「あ、はい(汗)。先生、今日は帽子かぶってないんですね」
美咲先生は笑うとえくぼ見えて、すごくかわいい。

「そうなの。修くんみたいに顔上げて泳げば、ゴーグルもいらないしね。実は今、平泳ぎの練習中でね、修くんのまねして泳いでるつもりなの」
(僕のまね?……それにしては、あまりに下手すぎるぞ!?)
美咲先生の話では、こういうことだった。

その夏、先生は小学校の教採を受けることになっていた。試験には水泳の実技もあり、クロール25メートルと平泳ぎ25メートルが必須になっていた。

ところが先生は平泳ぎが苦手で、四苦八苦しているらしい。
そんな会話をしているときに、今日の先生の水着に肩ひもがないことに気付いた。

「先生、今日の水着……」
「水着?着てないよ」
「えっ!(大汗)(絶句)」
「だって、修くんだって昨日海パン履いてなかったでしょ?なんかここ、露天風呂みたいな感じだし、暗くてにごり湯だから大丈夫かな、と思って(笑)。いつもすいてるしね。今日で連続4日目だけど、長く泳いでたのって、 修くんだけだったよ」

確かにその通りだけどさ……。たまにタオル片手に入ってくるおばちゃんは居るけど、 若い女の人は珍しいと思う。

美咲先生は、またかわいいえくぼを見せて言った。
「もし誰か入ってきても、
その人が出て行ってから上がれば、
見られる心配もないでしょ?」

首までつかっていれば、
水着着ているかどうかなんて見えないし、
確かに先生の言うとおりだと思った。

(でも、先生も裸、僕も裸……)
中2男子にとっては、想像するだけで鼻血ものだった。
しかも想像ではなく、今、目の前に裸の美咲先生がいるのだ!

「ねえ、修くん、平泳ぎ教えてよ」

美咲先生は、心臓ドキドキで死にそうになっている僕にはお構いなしに、そんなことを言い出した。

「えっ、いいですけど」
「じゃあ私、泳いでみるね。どこが悪いか教えて」

そう言って美咲先生は泳ぎ始めた。でもなかなか進まない。

「先生、多分腰の位置が下がりすぎてるんだと思いますよ」
いくらにごり湯といっても、蹴っている足の裏がチラッとも見えないのはおかしいのだ。
「え!?腰?」
美咲先生はそう言うと、ピョコッと腰を持ち上げた。にごった水面に、うっすらと先生のおしりらしい影が見えた。

(わっ!先生のおしりだ!)
僕はますます胸がドキドキしてしまった。

そのとき、先生の両足の甲がチラッと見えた。
(あ、そうか!「あおり足」になってるんだな……)

「先生、もしかして「あおり足」で泳いでるんじゃないですか?」僕がそう言うと、美咲先生は泳ぎを止めた。

「えー?「あおり足」って何?」

「ええと……、先生、平泳ぎって、足の裏で水を蹴るんですよ。先生は多分、足の甲で蹴ってるんだと思います」

「ああ、そういうこと!……でも私、ちゃんと足の裏で蹴ってるつもりなんだけどなあ」

「あおり足」は、初心者が陥りやすい失敗である。でも「ちゃんとできているつもり」の人に、口頭で教えるのは難しいものだ。

「じゃあ、僕がやってみますから、見ていてください」

僕はプールの端につかまって、かえる足をやってみせた。
「こうですよ、こうやって足の裏で蹴るんです」

腰を上げすぎると、僕のおしりが先生に見えてしまう。だから腰は低めにしたまま、足の動きを強調してみた。
それでも美咲先生は(まだよくわからない)という顔をしている。

「ねえ修くん、お湯にごっててよく見えないよ。プールの縁に腹ばいになって、足の動きをよく見せて」
(えーっ!そんなことしたら、僕のおしりが丸見えになっちゃうよ。嫌だなあ……)

「先生、ちょっとそれは……」
「え?何?」
「あの……、僕、海パンはいてないし……」
「あー!修くん、恥ずかしいんだ!ごめんごめん」

いくら周囲は真っ暗といっても、外灯の薄明かりと月明かりで、暗闇に目が慣れると、結構見えてしまうのだった。
「修君、海パン持ってきてないの?」
「はい……」

先生はこんな提案をした。

「それじゃあ、私のタオルでかくしてあげるから。大丈夫大丈夫!ほら、早く腹ばいになって!」
先生はかなり強引である。

僕がしぶしぶプールの縁に腹ばいになると、
先生はすかさず僕のおしりにタオルをかぶせてくれた。
(先生のタオル……)

普通のフェイスタオルだったと思うが、なんか妙に興奮してしまった。
(いてて……)ギンギンに固くなったちん○がコンクリート面に押しつけられて、ちょっと痛かった。
「いいですか、先生、こうですよ。かえるみたいでしょ?だからこれは「かえる足」って言うんです」
「あ、なるほどー」
「足首をしっかり曲げて、かかとで蹴る感じです」

腕組みして、さりげなく胸を隠しながら、美咲先生が言った。
「ふーん、あ!もっと続けてやってみて」
「はい」

美咲先生は、僕のキックを熱心に見ているようだった。キックを続けながら、後ろをチラッと振り返ると、先生は水面から顔だけ出していた。

(あれ!?先生、僕のおしり、覗いてる!?……でも、女の人がそんなエッチなことするはずないよなあ)
でも(見られてるかも)と考えると、ますます興奮してしまい、ちん○が痛くなった。

「修くん、脚曲げて引きつけたところ、よく見せて」
「いいですよ」

(やっぱり先生見てるな。でも、もういいや!)
「ひざをこう曲げて足をおしりに引きつけて、足首はこう曲げるのね?」
「そうです」

ちょっと振り返ると、先生の顔と胸が見えた。すごくドキドキしてしまった。
おっぱいをよく見たかったけど、腹ばいの態勢では無理なことだった。

「ねえ、ゆっくりキック続けてみて」
「はい」

もう僕は、先生に言われるがままだった。

(きっと先生には、僕のおしりの穴まで全部見えてるだろうな……。でも先生は、まじめに平泳ぎを覚えたがってるんだから、そんなこと気にしちゃダメだ!)
僕はそう自分に言い聞かせた。

「なんか、私もできそうな気がしてきた。ね、今度は修くん見ていて!」

「修くん、今度は私のおしりにタオルかぶせてね」
美咲先生はそう言うと、両腕で胸をかくしながら、素早くプールの縁に腹ばいになった。
僕はすぐにおしりにタオルをかけてあげた。でもタオルは小さすぎた。おしりの割れ目はしっかりかくれたけど、柔らかそうな太ももはむき出しだった。
少し日焼けの跡が付いた背中も丸見えである。
「こう?こんな感じ?」
どうも先生はよく分かっていなかったみたいで、相変わらず「あおり足」になっていた。

「そうじゃなくて、足の裏で蹴るんです」
「んー、よくわからないな……。修くん、私の足、つかんで動かしてみて」

(えーっ!?先生のからだにさわるの!?)
つま先を持つだけなのに、僕はすごく興奮してしまった。
それは、僕が足フェチに目覚めた瞬間だった。

「こうやって……、膝を曲げるのと同時に、足首も曲げておしりの方にグッと引きつけるんです。それから、かかとでスーッと蹴る感じです。途中で止めないで、脚がすっかり伸びきるまでですよ」
「あーっ!なるほどー!足の裏で蹴るって、こういうことだったのね」
先生は嬉しそうに、ニコッと笑った。えくぼがかわいいなあ。
「こうでしょ?」
そう言うと、美咲先生は、何度も「かえる足」をやってみせた。

先生の「かえる足」キックは、ちょっと脚を大げさに開きすぎていた。
(もっと両膝を閉じ気味にしてもいいのだけど……)
僕はそう思いながら、口からは違う言葉が出てしまった。
「先生、もっとしっかり膝を曲げて、外側にしっかり開くんです!がに股みたいな感じで!」

そう、僕はタオルに隠れている美咲先生の「太ももの間」を見たかったのだ。
(先生にも僕のおしりが見えていたはずだ。それにこの態勢だと、先生は振り返っても真後ろの僕はよく見えないはず……)

先ほど自分が経験した態勢だから、確信があった。

「修くん、さっきみたいに私のつま先持って教えてよ」
「わかりました。先生、ちゃんと前見て、脚の感覚で覚えて下さいよ」
「うん、わかった」

「じゃあ、ゆっくり動かしますよ。膝をしっかり曲げて、股をしっかり開いて、足をおしりに引きつけます」
僕は両手で先生のつま先を持ちながら、先生が脚を曲げていくのを手助けした。足をおしりに引きつけさせながら、顔だけ水面から出す態勢で、美咲先生のおしりを覗き込んだ。ちょうど僕はバンザイするような態勢になった。

美咲先生のおしりにかけたフェイスタオルは、まるで超ミニスカート状態になっていた。この角度だと、スカートの中は、すっかり丸見えだった。

「じゃあ先生、自分で何回もキックしてみてください。ゆっくり」
僕は先生の真後ろの、ちょっと離れたところまで下がった。
「こんなかんじかなあ?」
先生は、かえる足キックをゆっくり繰り返す。
先生の脚は、ちょっと筋肉質で、少し日焼けしていた。
脚を引きつけたときに見えるおしりは、脚と対照的に真っ白に見えた。

とても柔らかそう……。さわってみたい……。僕は必死の思いで欲望を抑えた。

「先生、だいぶ上手になったから、ちょっと泳いでみてください」
「うん、やってみるね」
美咲先生の泳ぎを確認するためを装ったが、実はあまりに高ぶった自分の気持ちをクールダウンさせるためだった。

(あれ?また「あおり足」に戻ってるな)
美咲先生は、初めの2キックくらいはしっかり「かえる足」になっていたが、泳いでいるうちに、だんだん元の「あおり足」に戻ってしまっていた。
「先生ーっ!また「あおり足」に戻っちゃってますよー!」
「えーっ?そう?それじゃあ、もう1回教えて。ごめんね、なかなか覚えられなくて」美咲先生は、ちょっと悲しそうな顔をした。

僕は急に真面目な気持ちになった。
「いや先生、平泳ぎって簡単そうに見えて、結構難しいんですよ。でも大丈夫。練習すれば、ちゃんと泳げるようになりますよ」

「そう。もう少し、がんばってみるかな……」

「「かえる足」の形、しっかり身体で覚えたいから、修くん、また私の足持って手伝ってくれる?」
(やったー!また先生の足にさわれる!)

僕は瞬時にエッチな気持ちに戻ってしまった。
美咲先生は、プールの中で腕組みして両胸を隠しながら立ち上がり、プールの端に腹ばいになった。

「修くん、足持ってフォーム直してね」
「はい」
(あれ!?先生、「タオルかけて」って言わなかったよな。いいのかな……)

僕の胸は破裂するほどドキンドキンしていた。僕は25メートルプールの中央付近から、プールの角、ちょうど内風呂から一番遠い場所でおしりを突き出している美咲先生に向かって、ゆっくり歩いていった。

先生のフェイスタオルは、だいぶ離れたところに置いたままになっていた。
どうも美咲先生は、僕の前ですっかり油断していたようだった。少なくとも、僕を「男」とは意識していない感じ。要するに「子供」扱いである。当時の僕は中2にしてはかなり小柄で、しかも声変わり前だった。陰毛もまだ生え始めたばかりだった。だから先生が油断するのも無理もなかった。

先生は一応おっぱいは手で隠していたけど、あまり恥ずかしそうではなかった。一方で僕はすごく恥ずかしかった。とくにちん○だけは、絶対に見られたくないと思った。

美咲先生は、自分でキックの確認をしていた。先生の両脚が、まさにかえるの脚のように、ゆっくり伸びたり縮んだりしている。

(きれいな脚だなあ)
僕はすっかり見とれてしまった。
(大人の女の人のおしりって、結構大きいんだな)

今思うと、美咲先生のおしりはそんなに大きい方ではなかったように思う。でも中2で成長の遅かった僕には、大きくて丸くて、とてもきれいに見えたのだ。
先生の真後ろに回ると、僕の目に真っ白な両足の裏が飛び込んできた。
(美咲先生って、足の裏までこんなにきれいなんだ……)

「ね、修くん、足つかんでみて」
(わ、また先生の足にさわれるんだ!)
「はい!」
僕は前よりもちょっと大胆に、両足の土踏まずのあたりをしっかりつかんだ。
「修くん、ゆっくり動かしてみて」
「はい」
僕は先生の伸びきった両脚を、ゆっくり「かえる足」の形にするのを手伝った。両足がおしりに近づくにつれ、僕の身体も先生のおしりに近づく。

僕は背が低かったので、プール内で立っても腰は水面下だった。
固くなったちん○の先が、ちょうど水面すれすれだったのをよく覚えている。
美咲先生は、上半身が陸上で、両脚がお湯の中、という状態だった。
僕は先生の両足を、ゆっくりゆっくりおしりに近づけていった。
ふだん水着に隠されている先生のおしりは、日焼け跡のせいで、まるで白い水着を着ているかのように見えた。
月明かりでは、細かな色の感じはわからなかったが、お湯に濡れて光る丸みのあるおしりは、とても美しかった。

「先生、この足首のフォーム、しっかり覚えておいてくださいね」
僕は美咲先生の両足をおしりに近づけたところでそういい、そのまましばらく手の動きを止めた。

僕は先生の両足の土踏まずをつかんでいる。先生の両足はかえるみたい、つまりがに股状態で、左右のかかとの間は30センチくらい。かかとの間には、濡れたまるいお尻が見える。

(あれ?先生のおしりって、結構うぶ毛が生えてるんだな)
月明かりに照らされて、先生の白いおしりから背中にかけて、濡れたうぶ毛が光っていた。
そして、かかとの間の、ちょうど真ん中には、美咲先生の可憐なおしりの穴が見えていた。
水面下のちん○がビクビク、ビクビクしはじめた。身体全体が震えて、股間にカーッとしびれるような感覚が襲ってきた。
(さわってもいないのに、もう出ちゃいそうだ、やばいよ)

僕は思いきって、もっと顔を近づけてみた。先生のかかとがぼくのほっぺにくっつきそうだった。

(ああ、先生のおしりの穴、においかいでみたい美咲先生のおしりの穴を見たりにおいをかいだりできるのは、きっと僕だけだよな。)

今振り返ると、なんで「におい」なのか(笑)と思うのだが、当時の僕の興味の方向は、そうだったのだ。

おしりの穴は、キュッとすぼまっていて、当たり前のことながら、何のにおいもしなかった。
そして、その3センチくらい下は、スーッと縦に割れていた。今思うと、美咲先生はずいぶん毛が薄い方だったようだ。後ろから見る限り、毛はよく見えなかった。
割れ目はちょうど水面に見え隠れしている状態だった。暗い中で目を凝らして見ると、薄いくちびるがぴったり合わさったような感じだった。

がに股状態で、両脚は最大限に広げているのに、くちびるはしっかり閉じられていて、中身は全く見えない。
おしりから割れ目両側までは真っ白なのに、くちびるは少し濃い肌色のように見えた。薄いけど、ふっくらしたくちびる。
(あー、さわってみたい……。口を付けてみたい……)

「脚曲げたままだとつらいんだけど」
美咲先生の声に、僕はハッと我に返った。
「ご、ごめんなさい」
「脚曲げたときの感じは、しっかり覚えたつもり。でも何回か繰り返してみて、足持ったままで」
「はい!」

僕は美咲先生の身体に見とれながら、かえる足キックのサポートを続けた。
両足がおしりに近づいたときに、僕が少しグッと腰をつきだすと、もう少しでちん○が先生の割れ目にくっつきそうだった。
(これがあそこに入れば、セックス……赤ちゃんできちゃうのかな?)
僕はそんな妄想にふけりながら、先生のキックの練習を手伝った。

「ありがとう。そろそろ自分でやってみるね」
美咲先生の声に、僕は足を持っていた手を離した。それから先生は、かえる足キックを繰り返した。

「先生、足首の力を抜いて、しっかりかかとで蹴る感じですよ」
「わかった。気をつけるね」
「それじゃあ、また泳いでみてください」

先生はゆっくり平泳ぎを始めた。今度はちゃんとかえる足のフォームを保っている。

25メートルを泳ぎ切り、ターンしてこちらへ戻ってきた。
「先生、今度はちゃんとできてますよ」
「ホント!?修くん、ありがとう」

先生は本当に嬉しそうに、満面の笑みを浮かべた。白い歯が見え、いつものえくぼができた。
「もう私の平泳ぎ、カンペキ?」
「うーん、まだ手と脚の動きのバランスが良くないですね。手と脚のタイミングを上手く合わせられれば、もっとずっと楽に泳げるようになりますよ」
「えー、そうなの?難しいねえ、平泳ぎは」

「修くん、また教えてよ!」
「えー?どうしようかな……」
僕はとっさにそう答えてしまった。教えるのは全然かまわないし、美咲先生の身体ももっとよく見たい……。
でも、なんかちょっと怖い感じもしたのだった。

「いいでしょ?ちゃんとお礼するから。今日はとりあえず風呂上がりにジュースおごるから」

「え?ありがとうございます」
僕は急に渋い顔の母を思い出してしまった。
「毎日温泉に来るのは、親がちょっと……。友達に水泳教えるからって言えば、なんとかなるかも……」
「あー、それじゃあ、私が入浴料出すね。そうすれば、お小遣いなくなる心配もないでしょ?」
「あ、それなら多分大丈夫です!」

こうして、数日間の水泳教室と、保健の特別授業が始まった。
 

温かいご支援に深謝いたします。

この温泉&プールでは、美咲先生との思い出の他にも、
いくつかエッチなエピソードがあるので、それらについても
後日書き起こしてみようと思います。

しかしなんといっても、美咲先生との思い出が最も衝撃的でした。
二人の絶対の秘密として永年封印してきましたが、
十数年の時を経て、このたびその封印を解く運びとなった次第です。

ちなみにこのプールはこの数年後に立派な照明装置が付けられ、
水着なしでの利用も明確に禁じられてしまいました。
翌日はあいにくの曇り空だった。午後7時を過ぎると、月明かりもないせいで、外はかなり暗くなっていた。
美咲先生とは8時に約束していたのだが、僕は7時半にはもうプールに入っていた。
この日も迷ったのだが、結局海パンをはくことにした。

美咲先生は昨日、水着を着ていないせいで、かなり不便だったはずだ。いちいち胸を隠さなければならなかったし。だから翌日は、また水着を着てくるだろう、と予測したのだ。
先生が水着着用で、僕だけ裸という状況の恥ずかしさは、初日に経験済みだったので、どうしても避けたかったのだ。それにおしりは見られてもがまんできたが、ちん○だけは死守したかった。
プールサイドのスピーカーから流れているラジオの8時の時報のしばらく後で、女湯のドアがバタンとなった。目隠しのよしずから美咲先生が顔をのぞかせた。プールの中から僕が黙って手を振ると、先生も手を振って歩いてきた。

美咲先生はフェイスタオルで胸を隠していたが、予想に反して水着は着ていなかった。先生はすばやくプールに入り、僕に近づいてきた。

美咲先生は前日プールの中では、身体を隠すため、いつもだいたい肩まで湯につかっていた。
でも3日目のこの日は、ふつうに歩いてきたため、おっぱいが丸見えだった。
月明かりがないせいで暗かったけれども、おっぱいの輪郭ははっきりわかった。

(おっぱいって、歩くと結構揺れるんだな)
考えてみると、相当幼い頃は別にして、僕は裸の女の人が歩いているのを見たのは初めてだったかもしれない。
美咲先生はニッコリ笑って言った。
「今日もよろしくね」

プールの暗い照明は浴室側に付いていたので、暗い上に逆光状態だったのだが、そのためかえって先生の裸体の輪郭を際だたせていた。

僕はとっさに後ろを向いてしまった。

「修くん、どうしたの?」

先生はちょっと心配そうにきいた。

「……先生、あの……胸見えてます」

明るい声に戻った先生が言った。
「あ!ごめんねー。修くん、恥ずかしいよね。プールサイドにも誰もいなかったから気にしなかったの。ごめんごめん」

恐る恐る振り返ると、美咲先生は腕組みをして胸を隠していた。
「先生、僕だって男なんですよ!」

僕が少し怒った調子で言うと、先生はプッと吹き出した。
(ちくしょー、やっぱり子供扱いなんだな)ちょっと腹が立った。

「ごめんごめん、修くんが男の子だってことは、もちろんわかってるよ」
(「男の子」だと!?先生、やっぱりわかってないなあ)

僕はちょっと意地悪な気持ちになって、質問してみた。

「先生、昨日水着着てなくて、不便だったでしょう?なんで今日も着てないんですか?」

僕は先生の困った顔が見たかったのだが、予想に反して、先生はちょっといたずらっぽい笑みを浮かべたので、
ドキッとしてしまった。

「だって、ハダカで泳ぐの、病みつきになっちゃったんだもん」
(え!?先生って、もしかしてすごくエッチなのかな?)

僕はまた胸がドキンとしてしまった。
何て返していいかわからずにいる僕を前に、美咲先生は続けた。
「月の光の下でね、身体に何も着けないで泳ぐのって、すごい開放感だってことに気付いたの。修くんはそんな風に感じない?」

(そうか、先生は僕と同じように開放感を感じていたんだな)
「あ、そういう意味ですね。僕もそう思ってました」

美咲先生はニッコリ笑った後、ささやいた。
「でもね、私と二人でハダカで泳いだなんて、絶対誰にも言っちゃダメだよ」
僕はまたちょっと意地悪な気持ちになって、こう答えてしまった。
「僕、友達にしゃべっちゃうかもしれませんよ。美咲先生のハダカ見たって」
「あーっ!そんなことしたら、私も修くんの秘密、しゃべっちゃおうかなー」
どうしても、先生の方が一枚上手のようだった。

「秘密ってなんですか!?」
僕はわざとぶっきらぼうに言った。
「ふふ……、私、修くんのおしり見ちゃったもん」
(あーっ!!やっぱり覗いていたんだ!ちくしょー)
「先生!真面目に練習してると思ったら、そんなところ見ていたんですか!」
「修くんだって、私のおしり、ジーッと見てたでしょう?」
「見てませんよ!僕は足のフォームをチェックしていたんです!」

美咲先生は、またいたずらっぽく笑ってこう言った。
「でもおしりも見えてたでしょ?いいよいいよ、私も見たんだからおあいこでしょ」

僕はドギマギしてしまった。美咲先生ってすごく真面目な人だけど、もしかしてエッチな話も好きなのかな?当時の僕の中では、「教師」と「エッチ」がどうしても結びつかなかったのだ。

僕は怒ったふりをして言った。
「僕、もう帰ります!」

先生はちょっとあわてた様子だった。
「ごめんごめん!からかうつもりはなかったの。修くんは私の水泳の先生だから、礼儀正しくしないとね。ごめんなさい。今日もよろしくお願いします」

美咲先生は真顔で丁寧にお辞儀をした。
「あ、いえ、先生、いいんです」
「ううん、真面目な修くんを困らせちゃったね。でもね、お互い秘密は守ろうね」
「はい!」

僕はなんだかかえって晴れ晴れとした気分になった。少し時間がたってみると、
先生の意外な一面が見えたことも、ちょっと嬉しかった。
美咲先生の「あおり足」の癖は、完全に直っていた。手足のかきのバランスが悪かったが、二人で並んで泳いだりして、30分もするとだいぶ上達したようだった。

「ところで先生、クロールは大丈夫なんですか?」
先生の教採試験には、クロールも必須なのだった。
「一応泳げるつもりなんだけど……。見てくれる?」

にごり湯で顔をつけるクロールはちょっとキツイものがあるが、先生はがんばって泳いでくれた。
(クロールは意外に上手だな)
25メートルを泳ぎ切った先生は少し息をはずませていた。泳ぎに夢中になったせいか、また胸を隠すのを忘れている。
「どう?直すところある?」
僕は要点を説明した。
「だいたい大丈夫だと思います。息継ぎもちゃんとできてるし。腕はもう少し大きく、しっかり腿のところまでかくといいと思います。後はキック……、バタ足の練習をするといいと思いますよ」

「バタ足って……、どう直せばいいの?」
「あまり膝を曲げないで、むちをしならせるように打つイメージです。
先生のキックは、ちょっと膝を曲げすぎです。
それから、左右の親指が当たる感じを意識してみてください」

「こんな感じかな?」
美咲先生は、プールの縁にサッと腰掛けて、バタ足を始めた。
(うわっ、先生の身体が丸見えだ!)
前日に比べると辺りはずっと暗いが、それでも先生の身体のラインはくっきりと認識できた。
形のいいおっぱいが、キックに合わせて少しプルンと揺れるのがわかった。

僕は努めて平静を装った。
「先生、それはちょっと極端です。脚が棒みたいになってます。
鞭のように動かすんです。足首ももっとやわらかく使って」
「うーん、修くん、となりに座ってお手本見せてよ」
「いいですよ」

ギンギンになっているちん○がちょっと気になったが、
当時の厚めの素材の海パンなら、うまくカバーしてくれると思った。

僕が隣に腰掛けると、先生は驚いた様子で言った。
「あーっ!修くん、海パンはいてたの?ずるーい!」
「いいじゃないですか。先生だって、おとといは水着着てたでしょ?」
「だめ!ずるい!脱ぎなさい!一緒に開放感楽しんでると思ったのに!」
美咲先生は、わざと怒ったふりをしている感じだった。

(先生、もしかして僕のちん○を見たいのかな?でもそんなはずはないよな……。僕を困らせたいのかな?)
僕はちん○を見られるのは絶対に嫌だったので、必死で抵抗した。
「だって、ちん○見られるの、恥ずかしいんです」
すると美咲先生は、正面から僕の両肩をがっちりつかんだ。
(えっ!?先生、男っぽいことするなあ)
僕はちょっと驚いた。また先生の意外な一面をかいま見た気がした。

それから先生は手の力をちょっとゆるめ、僕の耳元でささやくように言った。
「二人の秘密にしようよ、ね」

僕は一気に力が抜けてしまった。「二人の秘密」というのは、当時の僕にとっては魔法のキーワードだったらしい。
(えい!もうどうにでもなれ!)という気分になった。(美咲先生にだったら、見られても平気だ……)
僕は自分にそう言い聞かせて、海パンを脱いだ。
それから改めて隣に腰掛けると、美咲先生は「エッ」と声を上げた。
「すごーい!」
先生の目は、僕のちん○に釘付けになった。
「大きいね!おへそに付きそうじゃない!」
それはあまりに大げさな表現だった。

実際はたぶん、当時の僕は、勃起しても10センチそこそこだったと思う。でも小柄でやせっぽちだった身体との対比で、意外に大きく見えたのかもしれない。というより、先生は小学校低学年くらいの、かわいいちん○を想像していたのかも。

ぼくはとっさに両手でちん○を隠した。
「先生、やっぱりはずかしいですよ」
「ごめんごめん……。でも、ほんと、びっくりしたの。立ってると思わなかったから。
私のおっぱい見て立っちゃったのかな?私のおっぱい小さいから、自信ないんだけど……」
「だから僕男だって言ったでしょ?僕はまだ小学生みたいかもしれないけど、女の人のハダカ見たら、やっぱり立っちゃいますよ」

「そうだよねえ、修くんも思春期だもんね」

「ごめん、私見ないようにするから、バタ足教えて、お願い」
「……わかりました」

僕はちん○から両手をどけた。それでもちん○はずっと勃起したままで、すごく恥ずかしかった。

先生のクロールは、30分ほどの練習で、ずいぶん上達した。
「先生、試験にはこれで十分だと思いますよ」
「そう?ありがとう!修くん、本当にありがとう!」
美咲先生はすごく喜んでくれた。両手で僕の手を包んでくれた。
(あ、先生の手……、やわらかいな)

「修くん、ところでちょっと気になることがあるんだけど……」
「なんですか?」
「バタ足の練習のとき、見ないようにしてたんだけど……、ごめんね、見ようと思ったわけじゃないんだけど」
(ちん○のことだな)

「修くん、包茎だと思うの」

(!!!)
当時の僕にとっては、ショックな一言だった。「包茎」って言葉は知っていたものの、その実態はよく認識していなかった。

「えっ、そうなんですか?」
「修君、勃起してもむけてなかったでしょ?あのね、包茎には仮性包茎と真性包茎があるの。仮性だと勃起するとむけるんだけど……」
「じゃあ、ぼくは真性なんですか?」

「私はお医者さんじゃないけど、教育学部で習ったから、ある程度のことならわかるつもり。恥ずかしいかもしれないけど、見てあげてもいいよ。秘密は絶対守るって約束する」

「真性」と聞いて、僕は一刻も早く自分のことを知りたくなった。
「お願いします、見てください」

僕はとても不安な気持ちになった。
(真性だったら、手術するしかないかも……)

「うーん、でもここじゃあ暗くてよく見えないよね」僕はピンときた。
「先生、シャワー室なら、明かりがあります」

プールサイドには個室シャワーが3室あった。よくある1人用のユニットである。
僕はプールサイドにある丸椅子を持って、美咲先生と一緒にシャワー室に入り、扉をロックした。
シャワー室の照明は暗めの白熱電灯だったが、外に比べれば断然明るかった。
先生のおっぱいも、薄めのあまり縮れていない陰毛もよく見えた。
不安な気持ちとは裏腹に、僕のちん○はまたムクムクと立ち上がった。
二人で入ると、シャワー室は異様に狭かった。僕は丸椅子に座った。
美咲先生は立て膝の姿勢で、ぼくのちん○をじっと見つめた。
「修くん、自分でむいてみたことある?」
「はい」
「そう、むけることはむけるんだね。それなら真性包茎ではなさそうね」
「そうなんですか?」
僕はすごくホッとした。

「ちゃんと毎日お風呂でむいて洗ってる?」
「いえ……、たまにしかむいてません」
「どうして?毎日洗って清潔にして、きれいにむく習慣をつけなきゃ」
「それが、あの、むいてさわると、すごく痛いんです。ちん○の先のほうが」
「ああ、そうなの。でもね、大丈夫だよ」
先生の「大丈夫」という言葉に、ホッとした。
「修くん、亀頭が痛いんでしょ?」
「はい」
「亀頭が敏感なのは、当たり前のことなんだよ。
でもね、少しずつ刺激に慣らしていけば、だんだん痛くなくなるの」
「そうなんですか。先生、すごく詳しいですね」
「だって、教師になるんだもん。みんな恥ずかしがるけど、性教育って大事なんだよ。実際に見たことはあまりないけど、本に書いてあることは理解してるつもりだよ」

「あのね、亀頭って、女の子にもあるんだよ」
「え!?本当ですか?」
僕はすごく驚いた。(女の子に亀頭?)
「うん。陰核亀頭って言うの。すごーく小さいんだけどね」
(陰核?あ、陰核って確か……)
「クリトリスって聞いたことある?」
「はい、1年の保健で習いました」
「そう。陰核ていうのは、そのクリトリスのことだよ。陰茎はペニス、おちんちんのことね」

先生の口から「おちんちん」って言葉が出てくるとは!
僕はまた興奮してしまい、皮をかぶったままのちん○がピクピクしてしまった。

「クリトリスもね、むいてさわると、やっぱりすごく痛いの」
先生は続けた。
「私もね、初めてむいたときは、すごく痛かったの。でも、痛くなくむいて洗うコツを覚えて毎日洗ってたら、いつのまにかさわっても痛くなくなったの。痛くない洗い方、教えてあげるね」

美咲先生は、シャワー室内にあったボディシャンプーを少し手に取り、両手でじっくりと泡立てた。
「こうしてしっかり泡立てるでしょ?それから優しく優しく洗うの。初めはさわってるかどうかわからないくらいに優しく。ゴシゴシ洗わなくても、毎日洗っていれば、ちゃんときれいになるから大丈夫だよ」
先生はそう言いながら、自分の股間を洗い始めた。
「修くんもやってみなさい」「はい」
僕はまず皮をむいた。プールに長くつかっていたためか、意外にツルンとむくことができた。
「あー、やっぱり垢がたまってるね。じゃあ、泡立てて洗ってごらん」
僕は先生のまねをして、両手でボディシャンプーをしっかり泡立てた。

「どうしたの?早くやってみて」
僕は躊躇していた。(やっぱり痛そうだなあ)
「もう、意気地なしだなあ」
そう言うと、美咲先生は泡の付いた両手で僕の亀頭を優しく包んだ。「あっ」僕は思わず少し腰を引いたが、意外に痛くないことに驚いた。
「あ、大丈夫みたいです」
「でしょ?さ、自分でやってみて」
そう言うと、美咲先生は立ち上がった。
(大丈夫だ、これなら痛くないぞ!)
ちょっと精神的に余裕ができた瞬間、僕はあることに気付いてしまった。
(あ!先生、自分のアソコを洗った手で、僕のちん○を!!)
そう思った瞬間、僕は下腹部から股間がカーッと熱くなり、ジーンとしびれるような、くすぐったいような感覚に襲われた。(やばい!)
目の前には、競泳水着の日焼け跡のある先生の裸体があった。日に焼けていない、真っ白なおっぱいと、少し小さめで可憐な乳首が目に飛び込んできた。
(あっ)僕のちん○は、一瞬ギュッと縮んだ感じがした。
その直後、くすぐったいような快感が、ちん○を中心に、全身に広がった。

「きゃっ」
美咲先生が悲鳴を上げた。僕の身体から放たれた液体が、
美咲先生の顔から胸を直撃してしまった。
「ビュッ、、、ビュッビュッビュッビュッビュッ……」
というリズムで、液体は容赦なく先生の裸体を連射した。
先生は手で顔を覆っている。
(あ、どうしよう……、まずいよ、大変なことに……)

「ごめんなさい!ごめんなさい!」
僕は立ち上がって、何度も先生に頭を下げた。
「わざとじゃないんです。僕、どうしたらいいか……」
僕は泣きそうになっていた。

意外なことに、先生はすぐニッコリ笑ってくれた。
白い歯とえくぼが、いつもより一段とかわいらしく思えた。
「あ、大丈夫だよ。ちょっとビックリしただけ。修くん、まだ毛も生えてないから、まさか射精するとは思わなかったの」

(あー、よかった!先生、怒ってないんだ!!)
「えーっ!?毛、もう生えてますよ」
「うそー?あ、ホントだ、生えてきてるね」
先生は、うなだれているちん○の付け根付近を見てそう言った。

美咲先生は、胸の谷間に付いた液体を手でぬぐって、匂いをかいだ。
「いい匂い。私この匂い、好き」
先生は、うっとりとした表情になっていた。
「え、先生、汚いですよ。早く洗ってください」
僕はシャワーの蛇口をひねった。
「あ、ありがとう。でも修くん、精液は汚くなんかないんだよ」
そう言って、美咲先生はシャワーを浴びた。

(匂いが好きとか汚くないとか、美咲先生ってもしかしてすごくエッチなのかな?)
そんなことを思いながらシャワーを浴びている先生の真っ白なおしりを見ていると、僕のちん○はまた腹にくっつくくらいに固くなっていた。
シャワーを済ませて振り返った先生は、小さく「あっ」と声を上げた。
「修くんはー!またエッチなこと考えてたんでしょう?しょうがないなあ」
「すいません。先生のおしりを見てました……」
「もう!」

美咲先生は、わざとふくれっ面をしてみせた。

「さ、これで今日の保健の授業は終わり!」
名残惜しかったが、あまりに衝撃的な経験をした僕は、疲れていたんだろう、素直に先生の言葉に従った。

「修くん、明日も来れる?」
(えっ!?先生、明日も教えてくれるのかな?)
「はい。大丈夫です」
「平泳ぎとクロール、まだ自信ないから、よろしくね」
「あ、はい。いいですよ」
(明日は保健の授業はないのかなあ……)
僕はそう訊きたかったが、訊けなかった。

温水プールで相○紗季似の塾の先生と秘密の授業2へ続く

 

『温水プールで相○紗季似の塾の先生と秘密の授業をした話』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/09/27(日) 00:35:06 ID:589fc6ab0 返信

    Kimoキモ!キモ!さいっていウザイウザすぎ

     
  2. 名前:匿名 投稿日:2015/12/17(木) 01:35:38 ID:589fc6ab0 返信

    エロ杉田

     
  3. 名前:匿名 投稿日:2016/07/16(土) 02:39:50 ID:589fc6ab0 返信

    中学生が女子大生と全裸で混浴良いですね
    おちんちんとおまんこを見せ合ったなんて最高に羨ましいですね
    しかも美人女子大生のおまんこですからね
    でもどうせなら一緒に女子脱衣所に入って
    欲しかったですね
    美咲先生のパンティを脱ぐ姿とか
    逆にパンティを穿く姿も見れたわけですから
    更に多くの女の中でおちんちんを丸出しに
    するのですから
    女湯でお互い体を洗いあったりして欲しかったですよね
    陰毛も殆ど生えてなかったのだし
    小学生にしか見えない容貌だったのだろうから
    平気だったと思うのですが
    ザーメンも発射して最高の体験ですね