女友達にチケットを譲る代わりにヤラせてもらった話

学園祭での某アイドルグループのチケットを僕は持っていた。

アパートでのんびりしていたら、女友達の裕美がやって来た。

そのチケットを高値で譲ってくれとのこと。
僕はもちろん断りました。

さらに言うならば僕は裕美が好きではなかった。

たしかに美人でスタイルは良かったが、性格が・・・。

「ねえお願い、何でもするから」

そう言うので冗談で、「じゃあ体で払って」と言うと、しばらくの沈黙の後・・・。

「本当にそれやったらくれる?」

「えっマジでいいの?」

交渉成立。
僕は前から裕美のケツを触りたかったので、四つん這いになるように命令した。
裕美は白いズボンを穿いていたのでくっきりとパン線が映っていた。
僕は意地悪くその線を指でなぞった。

裕美のケツは柔らかくて気持ちよく、ケツの割れ目にも指を入れた。
裕美が震えた。

僕は「動くなよ」と押さえつけた。

直接触ろうとも思ったが楽しみは後にと思い、ケツから離れ、裕美にキスすることにした。
裕美は目を瞑っていた。

どうやら完全割り切りのマグロをするつもりらしい。
とりあえずキスをし、舌を入れ込む。

そして歯茎や歯などいっぱい舐め回したが裕美は反応がない。
僕は面白くないので舌を動かすように言った。

するとやっと動かし、舌と舌を絡め始めた。

やっと面白くなってきたと心の中で思った。

もっと自発的にヤラセテやろうと思い、フェラさせることにした。
僕は机の上に座りチャックを下ろしてモノを出し「口でやって」と言った。

裕美はしょうがなさそうな顔をし、僕のモノを口に含んだ。
その瞬間、僕はスゴい優越感に浸った。

(ムカツク傲慢な女が僕のモノを咥えている、最高だ)

しかし裕美のフェラは下手だった。

ほとんど咥えてるだけで時々舌を動かすだけ。

僕は少し怒り気味に「ちゃんとやれよ」と言った。

「だってわかんないもん」と裕美は口を尖らせて答えた。
話を聞くと裕美は処女ではないが経験はあまりなく、今までほとんど受身だったらしい。

それはそれで楽しめるなと僕は思った。

僕は亀頭の先の割れ目を舐めるように指示した。
裕美は言われる通り舐め始めた。

「うっ」

思わず声が出てしまった。

「これでいい?」裕美が聞いてきた。

「ああいいよ」と僕は答えた。

それから竿の裏や玉を舐めるように言うと素直に舐めてくれた。
僕のモノはすっかり立派になった。

「もういいよ」と僕は言って、今度は裕美に服を脱ぐように言った。

僕が脱がしてもよかったのだが、あえて裕美に自分で脱がせることにした。
秋だったのであまり服は着ていない。

Tシャツの上に一枚羽織ってるだけだった。
裕美は上着を脱ぎ白のTシャツ一枚になった。

その時点で白いブラが透けている。

「はやく~」

僕が急かすと裕美はゆっくりと脱ぎ始めた。
すぐに白のブラがあらわれた。

裕美は恥ずかしがって手で胸を隠したので、「次~、早く」とまたしても急かした。

「じゃあ俺が取ろうか?」と言うと裕美は首を横に振り、「わかった」と小さい声で言った。
裕美はゆっくりと手を後ろに回しブラを外した。

だがまたしても裕美は外したと同時に手で隠した。

僕はいいかげん腹が立ってきたので、無理やり手を払い退けた。

裕美の大きく立派な胸が見えた。

「もう隠すなよ」

僕はキツイ口調で言った。

「次、下」

先程のキツい口調が効いたのか、素直に脱ぎパンツ一枚になった。
そして裕美に立つように言った。

パンツは僕が脱がそうと思ったからである。
僕は裕美のパンツに手を掛けた。

裕美は顔を真っ赤にして目を瞑っていた。

僕は少しずつ下ろし、陰毛が見え始めたところでわざと止め、陰毛を指で摘み、鑑賞した。

そして一気に下ろした。

「はい、足上げて」

完全に脱がした。
全裸になった裕美はとても綺麗でスタイルも最高だった。

そのままベッドへ移動。
裕美を寝かしキスをした。
今度は裕美も舌を動かしてきた。

よしっと思いながら唇から耳に移動しながら舐め回した。
それから首筋を経由して乳首に行った。
裕美の乳首は少し茶色ばんでいた。

まあそんな事どうでも良かったので舐めまくり何度も強く吸った。

「はぁっ」と裕美の口から息が漏れる。

僕は一度キスで口を塞ぎ、そしてまた舐めまくり何度も強く吸った。
裕美は唇を噛むようにして堪えている。

舌でヘソを転がし、わざとヘソに唾液を垂らして池を作った。
そして裕美の陰毛を口に含み、舐め回した。

濡れ光る陰毛がとてもやらしかったので、さらに口に含みほとんどの部分の陰毛を唾液まみれにした。
そしてついに舌は性器に到達した。

(これが裕美マンコか)

そう思いながらクリちゃんを口に含んだ。
よくみると左の花びらのほうが大きかった。

まず右から舐め、それから左に行った。

裕美は恥ずかしさからか股が少しずつ閉じていくので、一度ガバッと開かせた。
指で中を広げてみると中は少し黒ずんでいたが、気にせず舌をねじ込んだ。
裕美は必死で我慢していた。

「そろそろ入れるか」

「スキンは?」

そんなもん用意しているわけがない。

「ない」と答えそのまま挿入した(本当は持っていた)。

「外に出してよ」

「わかった、わかった」

僕はピストン運動を開始した。
裕美は目を瞑っていた。

その姿がとても可愛く見えた。
だんだんと限界が近づいてきた。
僕は顔にかけてやろうと思った。

僕は発射直前に引き抜き、裕美の鼻の下あたりに少し黄ばんだ精子を出した。

勢い余って鼻の中にも入っていた。
裕美はすごく嫌な顔をしていた。

僕は意地悪くそれを指で口の中に持っていき、飲むように言った。

裕美は苦そうな顔をして全部飲んだ。
この征服感がたまらなかった。

すると裕美が「これでもういい?」と聞いてくる。

もちろん、こんなもんで終わらせるつもりはない。

「まだだよ」

そう言うと裕美はガッカリしたような表情を浮かべた。
当たり前だ、こっちだって楽しみにしてたのチケットを譲るわけだから、そう簡単には終わらせない。

後からの楽しみにしていたお尻をいたぶることにした。
さっそく69の体勢になり、裕美にはさっきと同じようにモノを舐めるように言い、僕はお尻を直に揉む事にした。

桃のような形でとても大きく揉みがいがあった。
さらに言うならば目の前には美味しそうな果実がある。

『いただきます』と心の中で言ってむしゃぶりついた。
奥のほうからネバネバした液体が出てくる。
僕は舌で転がしながら飲んだ。

そして本当のお楽しみのアナルを舐める事にした。

僕は綺麗な女のアナルを舐めるのが大好きだ。

どんな綺麗な人でも排泄はする。

その恥ずかしい穴というのがたまらないのだ。
いきなり両手で尻の割れ目から広げると裕美は少しビックリしていた。
そしてまずはアナルの周りから舌を這わせた。

電気をつけたままだったので、皺まではっきりと見えた。
その皺を丁寧に伸ばし、舐め、吸い付いた。

だんだんと舌をアナルに近づけていった。

舌がアナルに付いた瞬間、裕美はピクッと動いた。
僕は嬉しくなりさらに激しく舐めた。

そして舌を窄め、アナルの中に入れると小刻みに震え始めた。
裕美にも僕のを舐めさせた。

結局この日何発やったか覚えていないが、かなりやったと思う。
そしてチケット渡した。

「絶対秘密よ」と念を押された。

もちろん僕も喋るつもりはない。

だがもう時効だと思い、ここに書いた。

それに喋ってはいない訳だし・・・。

裕美とは1年前に同窓会で再会したが、ただ挨拶しただけで会話らしい会話はしなかった。