出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

僕をイジメてた女子とあったエロい話

こんにちは、僕は今25歳の男です。
これは学生時代にあった話です。
僕は小学校の時からイジメにあっていました。
最初の理由は鼻がでかいので『外人』と言われてからかわれました。
そしてさらに僕は身長が小さいので、“外人のくせにチビ”という理不尽な理由でイジメられていました。

小学校の低学年の時は男子からイジメられていたんですけど、高学年になったら女子からイジメられるようになりました。

同じクラスに凄く態度のでかいボス的なユリという女子がいました。
ユリは顔も綺麗で、家もお金持ちなので、いつもクラスの中心にいました。
そして僕はいつもユリの取り巻きにイジメられていました。

小学校を卒業して、中学に入っても、ユリと同じ学校の僕はイジメが続きました。

それどころかユリは中学校に入ったら不良っぽい感じになったので、もっと激化しました。
放課後はいっつもユリ達のパシリをやらされて、荷物をもたされて、宿題もやらされていました。
せめてもの救いは、男子にイジメられるような酷い暴力が無かった事です・・・。

でも、精神的には家畜みたいな扱いを受けていました。

時には女子の見てる前でオナニーをさせられた事もあって、一回してしまうと恒例のようになってしまい、毎回やらされるようになりました。

ただ、3年生にもなると、僕のオナニー鑑賞は笑い者の空気では無くなってきて、性的虐待のような感じになりました。

僕は鼻がでかいせいか分りませんけど、チビの割にはアソコが大きくて困っていました。
プールの時間には男子からもイジメられてしまいました。
小学校の低学年から皮も剥けていて、大きさは20センチ以上ありました。

だから、女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。
中にはSに目覚めてしまう女子もいて、僕をイジメながら、ドンドン興奮がエスカレートしてしまい、周りが見えない程大きな声を出して僕を罵る女子もいました。

でも、そんな生活も中学校で終わりです。
僕とユリは違う高校に行きます。
僕は卒業式の日が待ちどうしくてたまりませんでした。

そして高校生になって、同じ中学校の人が少ない男子高校に通う事になったので、何の心配もしないで高校生活を楽しんでいました。

でも、そんな楽しみは1学期だけでした・・・。

夏休みになると、家に電話がかかってきて、ユリから呼び出しがありました・・・。
僕は一気に落ち込んだ気持ちになって、呼び出された場所に行きました。

その場所はユリの家でした。
ユリの家はかなりの豪邸で、ユリの部屋が離れになっていました。
僕が部屋に入ると、中はかなり広くて、20畳ぐらいありました。

中には女の子だけで6人いて、一人だけ床に正座してる女の子がいました。
明らかにユリ達とは雰囲気が違う真面目そうな女の子でした。

ユリはすっかり変わってしまい、金髪になっていました。
周りにいた女子もほとんど茶髪で、真っ黒に日焼けした子もいました。

僕は昔の恐怖が蘇って、震えていると・・・。

「なぁ、お前童貞だろ?今日で卒業させてやるよ!」

ユリが、そう言いました。

僕は意味が分らずに、「な、何ですか?」と聞くと、皆ニヤニヤしていました。

そして違う女子が、正座してる女子を蹴飛ばして、「お前服脱げ!」と言いました。

僕はやっと状況が飲み込めました・・・。
ここに正座してる女子は、高校に入ったユリ達の餌食にされたんだ・・・。
そして新旧のイジメの対象がここに呼ばれたんだ・・・。

イジメられてる女子は『恵美子』と言われていました。
恵美子は泣きながら拒否していましたけど、皆に無理やり服を脱がされて、真っ裸にされました。
僕は初めて生身の裸を見て、あっと言う間に勃起してしまいました。
するとユリは僕にも裸になるように言いました。
僕はやっぱり逆らえませんので、言われた通りに裸になりました。

僕を初めて見た女子は、小さい声で、「マジででけーよ」と言っているのが聞こえました。

そしてユリ達に命令されて、まず恵美子とキスをさせられました。
僕の心は、ユリには逆らえないようになってしまいました。
だからユリに命令されると絶対に断れませんでした。

恵美子という子には申し訳ないけど、僕は逃げる恵美子にキスをしました。
恵美子は必死で顔を左右に振っていましたが、何人かに押さえられて、舌を入れてキスをしました。
僕ははち切れそうなぐらい勃起して、ガマン汁が大量に恵美子のお腹に付いていました。

僕は恵美子にキスをした後に、皆から「胸を舐めろ」と言われて舐めました。

恵美子は小さく震えていて泣き出してしまいました。
僕は恵美子には申し訳ないんですが、その時すごく興奮して、少しユリに感謝したぐらいです。
なぜなら恵美子は決してブスでは無くて、真面目そうで僕の好みでした。
こんな事でも無い限りは女の子とセックスなんてする機会は当分あるはずはないので・・・。

僕は夢中で恵美子の乳首を舐めました。
周りではユリ達が大爆笑している中、恵美子は泣きながら乳首を硬くしていました。

そして今度はアソコを舐めるように言われました。
もう心臓がドッキドキです。
それまでは裏ビデオすら見た事も無かったので、正真正銘の初めて見る女性器でした。

まず周りの女の子も協力して、恵美子の足を広げました。
もちろん抵抗していましたけど、ユリに怒鳴られて大人しくなりました。
と言うよりも脱力した感じでした。
そしてじっくりと興奮しながら恵美子のアソコを凝視しました。

初めての感想は(何がどうなってるのか分らない)でした。

恵美子は意外と毛深くて、ビラビラも閉じていたので、どこが穴なのか、どれがクリトリスなのかも分りませんでした。

すると真っ黒のギャルが、「とりあえず広げてみろ」と言ったので、ビラビラを広げました。
そしたら中が見えてきたので、舐めようとすると、そのギャルが色々と場所の説明をしました。
最初にクリトリスを舐めるように言われたので、一生懸命舐めました。
恵美子は何も反応しませんでした。

今思うと恵美子は全く濡れていませんでした。
ただ僕の唾液でベチャベチャになってしまい、当時はよく分かりませんでした。
その頃から恵美子は人形のように抵抗しなくなりました。

「次は穴に指を入れろ」と言われたので、指を入れました。

恵美子はすごく痛そうな顔をして我慢していました。
だから全然濡れてこなくて、途中で止めてしまいました。

すると今度は僕が寝かされて、恵美子が僕のアソコを舐めるように言われていました。

僕はこの時、周りの状況なんてどうでもよくなってしまい、早く舐めて欲しくてたまりませんでした。
恵美子は泣きながら僕の勃起したアソコを両手で掴んで、小さい口に無理やり入れられていました。
でも、とても口に入る大きさでは無かったので、ペロペロと亀頭の周りを舐めていました。
僕は初めての快感に興奮してしまい、あっという間に射精してしまいました。
何も言わずに出してしまったので、恵美子の顔やユリの部屋の床に大量に出してしまいました。
僕はただでさえ精子の量が多いので、その時はユリに無茶苦茶蹴られました。

そして一回出してしまった後なんですが、いつもと違う興奮の中だったので、すぐにまた勃起しました。

そうするといよいよ挿入です。
もちろん僕も恵美子も初めてです。
恵美子はこの時だけは必死で抵抗していましたが、四人がかりで押さえられてしまい、大人しくなりました。

僕は言われるがまま一旦入れようとしたのですが、全然入らなくて困りました。
大きさも全然合いませんし、なにより濡れていません。
するとユリが部屋を出ていって戻ってくると、サラダ油を持ってきました。
そして下にタオルを敷いて、僕のアソコに大量にかけました。
僕は気持ち悪かったんですが、言われるままに挿入すると、さっきとは違い、少し先っちょが入りました。
恵美子はかなり痛いみたいで、泣き叫んでいました。
それでも僕はしょうがないので奥まで何とか時間をかけて入れる事が出来ました。

正直言って、その作業は気持ち良くも何とも無かったです。
ただひたすら疲れました。

そして今度は一旦引き抜くと、サオの部分に血が着いていました。
それを見た時は(本当に血が出るんだ・・・)って感じと、若干生々しくて引いた感じもありました。
そして何回かピストンを繰り返すと、徐々に気持ち良くなってきて、すぐに異常な気持ち良さに襲われました。
でも恵美子は必死で痛みを我慢してるようです。

僕は、「もう出ます、もう出ます」と言うと、ユリが、「いいよ、中に出しちゃえよ」と言いました。

恵美子は必死で首を振っていますが、その時にはもう遅く、僕は恵美子の中に大量の精子を送り込んでしまいました。
そしてあまりの気持ち良さに、恵美子に抱きつくように倒れこんでしまい、みっともなく痙攣していました。

周りからは、「気持ちワリー」「きったねー」とか言われていましたけど、この時はそんなのどうでもイイと思うほど気持ち良かったです。

結局、その日はそれだけで、終わったらすぐに掃除をさせられて、家を追い出されました。
恵美子も一緒に追い出されました。
僕は恵美子に謝りましたが、恵美子は無言で帰っていきました。

ただ、それは夏休みのプロローグにしか過ぎませんでした。
なぜなら翌日から毎日ユリ達に呼び出されるようになってしまいました。
そして、毎日恵美子とエッチをさせられて、それをショーのようにユリの友達皆に見せていました。

恵美子は毎日やり続けていると、5回目位からサラダオイルがいらないぐらい濡れるようになりました。
そして我慢してるようですが、かなり気持ち良くなってきたみたいで、必死で声を押さえてる感じに見えました。
僕も余裕が出てきて、その空気にも馴れてきたので、勝手に体位を変えてやったりして楽しんでる所もありました。

そして何日か経って、そんな関係に馴れてくると、周りがよく見えるようになってきました。
今まではひたすら恵美子とエッチをしていましたけど、恵美子に挿入するあたりから、周りのギャル達の様子がおかしい事に気付きました。
今までは散々騒いでいたのに、少し静かになって、良く見るとスカートのポッケに手を突っ込んでアソコを弄ってるように見えるギャルもいます。
ズボンを履いてるギャルも股を擦り合わせるようにしていました。
どうやら僕達をイジメの対象よりも、ストリップショーのように見ている感じでした。

夏休みも中盤になってきて、ほとんど毎日のように恵美子とエッチショーをさせられていました。
そして段々周りのギャルも開き直って、堂々とオナニーをするようになった女もいました。
もちろんユリはそんなタイプじゃないので、見ているだけでした。

その頃には、実は僕は恵美子と付き合っていました。
とんでもない出会いですけど、自然な流れでした。
だって毎回一緒に部屋を追い出されて、二人きりになる時間があり、そして毎日エッチしてる関係の二人ですから、そうなるはずです。

とてもまともな恋愛じゃありませんでしたけど、二人ともすごく愛し合っていました。
もちろんユリ達には絶対言いません。

しばらくすると、ユリの仲間の一人が、エッチショーの最中に、「あたしこいつに舐めさせようかな!」と言い出しました。

すると周りのギャルも笑いながら、「いーじゃん、意外とイクんじゃね?」と言い出しました。

僕は何も言わずに黙ってると、言い出したギャルが、「こいつに見られんのやだから目隠ししようぜ!」と言って、タオルで目隠しされた後に、「お前舐めろよ!」と言って僕の顔に股がってきました。

僕は恵美子が見ていますけど、しょうがなく舐めました。
いつも恵美子にしてるように・・・。

するとギャルは、さっきまで威勢がよかったはずなのに・・・。

「あんっ、あああああ、ああああ、何こいつ、あんっ、超やばいんだけど、あんっ、あああああ」と喘ぎ出しました。

そのギャルは恵美子よりも濡れやすくて、すぐにベッチャベチャになりました。

「すげー濡れてんじゃん!」

周りのギャルにそう言われると、「ちげーよ!こいつの唾液だろ!」と隠していましたが、完全にこのギャルのマン汁でした。

僕は今までの復讐ではないですけど、そんな気持ちで無茶苦茶に舐め回しました。

「あっ、あっ、何こいつ、あんっ、ムカつくんだけど、あんっ、やっ、あああああ、やだ、イク、イク、あああああ、イクッ、ああああ」

ギャルは激しく痙攣して、僕の顔に思いっきり体重をかけてイッてしまいました。

そうすると、それをキッカケに、「あたしもやろうかな」って言うギャルが出てきました。
恐らくみんな毎日欲求が溜まっていたんだと思います。
そして新しいギャルが顔に股がってきました。
目隠しされてるので、何となく肉ヒダっぽいのが当たったら舐め始めました。
さっき同様で、物凄く感じていました。

「あっ、ああっ、あんっ、やばいよ、あんっ、何これ、あんっ、ああ、ああああ、彼氏よりやばいんだけど、あんっ、あああああ、あっ、あん、ああああ」

僕は毎日恵美子とエッチをするようになって、恵美子が気持ちイイように必死で考えて色々実戦していたので、それが思わぬところで発揮されてしまいました。
今まで一度もイッた事の無いギャルも、あっという間にイカせてしまいました。

「あっ、あああん、うそっ、あああん、ああああ、やだ、こいつやだ、あああああ、彼氏より全然上手いよ、あああああ、イク、イク、あああああ、イク、ああっ」

それからは今までと違い、僕が呼び出される理由が変わりました・・・。
恵美子はもうユリの家には呼ばれなくなり、僕だけが行きました。
そして、部屋に入ると裸になり、目隠しをして、毎日のようにそこに集まるギャル達のマンコを舐めました。
大体6人位のギャルが入れ替わりで顔の上に股がって、ローテーションします。
一人一回と言うわけでは無いので、何十回とクンニする事もありました。

何日かすると、声で誰だか判別がつくようになって、そのギャルの弱い所も分かってきて、すぐにイカせる事が出来ました。
両手が自由だったので、勝手に胸やアナルを触りながら舐めると、意外にも怒られなく、そのまま続けてイカせました。
それからは暗黙の了解で、アソコ以外も自由に弄ってイカせました。
毎日こんな事を繰り返すと、才能があったのか分りませんが、かなりの上手さになったみたいでした。

ギャルが話していたのを聞くと、「彼氏じゃイカないのに、こいつだとイク」「病付きになってヤバい」とか聞こえてきました。

そして毎回彼女達が満足するまでそれを繰り返して帰りました。

ただ、ユリだけは絶対に参加しませんでした。
周りのギャルに勧められても、「あたしこいつ小っちゃい頃から知ってるからマジでキモいんだよ!」と、かなり拒否していました。

ただ、ユリの居ない時のギャル達の話を聞いてると、どうやらユリだけが処女みたいで、それを皆に隠してるんですが、皆知ってるらしいです。

女は恐いと思いました・・・。
あんなに仲良しなのに、居なくなったら何を言うか分りません。

そして僕は解放されると、時間が早ければ恵美子に会いに行きます。
そして恵美子といっぱいエッチをします。
もちろん恵美子は昼間僕が何をしているのか分かっているけど、理解してくれていました。
恵美子も僕のテクニックの上達に反応してくれて、何度もイクようになりました。

そしてある日、いつものようにユリの部屋でギャル達の性処理をしていました。
すると、「つーかこいつのチンコでけーよな、あたしの彼氏これの半分も無いんだけど・・・入れてみよーかな」と言い出しました。

周りのギャル達は、「マジで?やっちゃう?」とノリノリで言っていました。

僕はどうなるかドキドキでしたが、結局コンドームを付けるような話になって、ギャル達が何人かで一生懸命ゴムをはめようとしていました。
でも馴れていないようで、すぐに破れてしまい・・・。

「もう面倒くせー」

そう言いながら生で入れてるようでした。

「うわっ、うっ、何これ、入んない、痛っ、ハァハァ、すっげ、ハァハァ、超硬い、何これ、あっ、ヤバいヤバい、ああああ、マジすっごい、あああああああ」

「マジで?どうなの?イイの?」

「ヤバい、すっごい奥までくる、しかもすっごい硬い、彼氏より全然イイわ、あんっ、ああああ、イイ、すっごいでかい、ああああ、あんっ」

ギャルは凄い激しく腰を動かして、あっと言う間にイッてしまいました。
さっきまであんなに強気だったのに、僕の胸に抱きついて小さく震えていました。
そして、それをキッカケに違うギャルが股がってきました。

「痛っ、うわっ、あんたよく入ったね、ヤバいよ、あっ、うっ、ハァハァ、すっごいこれ、あんっ、ああああ、すっごい、ああああ、奥までくる、あんっ、あああ」

また違うギャルが激しく腰を振り出しました。

「もう、やばい、何なのこいつ、あああん、あっ、あああ、すっごいこれ、ああああ、ホント彼氏より全然イイよこれ、あああ、ヤバい、すぐイキそう、あああ、イキそう、ああああああ、あんっ、ああああああ、ヤバい、イク、イク、あああああ、イク、あああああ」

二人目もすぐにイッてしまい、僕にしがみついていました。
そしてこの日はユリを除く全員の5人としてしまい、僕の経験人数は一気に6人になりました。

今まで僕と恵美子にセックスショーをさせていたユリ達は、最終的に僕を性欲処理として使うようになりました。
僕は毎日のようにギャル達数人を相手して、恵美子ともエッチをしていました。

今まで意識した事はありませんでしたけど、運動神経の悪い僕が意外に体力だけはずば抜けてある事に気付きました。
そして毎日ハイペースでエッチをしていると、つい最近童貞を捨てた僕でも、メキメキ成長していきます。

さらにその成長を自分でも感じていたので、自分でも勉強するようになりました。
そのせいか恵美子に関しては、潮吹きもアナルセックスも出来るような女になりました。
ユリの仲間のギャル達も簡単にイカせる事が出来て、経験の少ないギャル達の彼氏には負ける気がしませんでした。
ギャル達も心と体は別のようで、僕にのめり込むように求めてくるようになりました。

そんな夏休みも終わりかけたある日、いつものようにユリの家に行きました。
ユリの部屋に入ると、いつもとは違い誰もいませんでした。

するとユリが一人で現れて、「お前なにしてんの?」と言いました。

僕はいつも通り皆いるものと思って来たので、「あの・・・今日は・・・」と言うと、「誰もこねーよ、しらねーの?」と言われました。

僕は何も聞いていなかったので、「じゃあ・・・帰ります・・・」と言って部屋を出ようとすると・・・。

「あっ、ほら、ちょうど暇だったから入れ!」

ちょっと慌てた感じでユリが言いました。
何となくいつものユリとは違う気がしました。