果樹園の人妻

小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。
農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。

今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。

田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。
彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。

その彼女は現在の妻です。

子供も2人います。

実は、妻に中出ししたのが小生の初めてではありません。

近くに住む農家の嫁『良子さん』に初中出ししていたのです。

しかも、それ以降15・6回続けて良子さんに中出し続けてしまいました。
良子さんとは小生がバイトと称して働いていた果樹園で知り合いました。

夏休みにバイトをしようと思い、探したのですが、田舎なので良いバイト先が無くて困っていた時、小生の親父より○○果樹園で人を探してると聞きTELしたら応対してくれたのが、良子さんでした。
良子さんが嫁に来た家は大きな農家で果樹園も経営していました。
早速、伺って夏休み期間だけでも使って下さいとお願いすると、ご主人と相談して快く小生を使ってくれる事になりました。

当時、良子さんは30歳前後だったと思われます。
1歳ぐらいの可愛い赤ちゃんをおんぶして働くお嫁さん・・・顔は日焼けで黒かったが、どんなに暑くても長袖Tシャツでした。やっぱり日焼けを気にしているんだろうなぁと思いました。

まだ母乳が出てるのかおっぱいがパンパンに張っていて巨乳で、お尻も真ん丸で大きくて、あどけなさの残る顔とのアンバランスさ・・・小生もこの良子さんとSEXしてしまうとは夢にも思いませんでした。

ある日の朝、果樹園に着くと

「おはようT君、今日も暑いねぇ」

と良子さん。

「おはようございます」

と小生。

良子さんから

「今日ね、○さんの家(ご近所)でお葬式だから、家の人たちや働きに来てくれてる人たちみんなそっちへ行っちゃてるからあたしと2人だよ。暑くて少し厳しいけど頑張ろうね!」と言われた。

「あたし小さい子いるから、もし分からない事あって見当たらない時は家にたぶん居るから呼びに来てね。」

「分かりました」

「それと10時と12時と3時には戻って来てね。それと途中暑かったらこれ飲んで」

と冷たい麦茶が入った水筒を渡された。

「良子さん、俺それじゃ園に入ります。何かあれば、言いに来ます」
と言って仕事を始めた。

とにかくこの日は暑かった・・・何℃あったのか・・・飲んだ麦茶がすぐ汗になる。
しばらくして意識が朦朧としてきた・・・ヤバいなこれ・・・体調が思わしく無い。

水筒は既に空・・・少し日陰で休む事にしよう・・・たぶん10時を過ぎていたんだと思う。

「T君!T君!どこ~?」

良子さんの声が聞こえる・・・

「良子さん、ここです」

休んでいる小生を見付けた良子さんは

「どうしたの?具合悪い?大丈夫?」

「少し休めば大丈夫です・・・」

「10時過ぎても戻らないから探しに来たのよ」

「すみません・・・」

「家の方で少し休もうよ」

「はい・・・」

家の中の涼しい所で休ませてもらった。

「すみませんでした。落ち着いたんで、園へ戻って仕事続けます」

「もうすぐお昼だからいいよ。無理しない!何か食べられそう?素麺でも茹でようか」

「本当にすみません」

「じゃ、○(赤ちゃん)見ててくれる?」

良子さんは食事の支度を始め、小生は赤ちゃんのお守り・・・程なく素麺が出来て2人で食べる・・・。
食べながら

「T君って彼女は?」

と良子さんから質問。

「一応います。」

「一応って何よ~彼女可哀そうだよ。そんな事言ったら」

と笑われた。

「あたし、旦那と結婚してここに来たんだけど、余りにも田舎でビックリしたわよ。何にも無いし、買物行くのも大変!あと周りに同じぐらいの奥さん居ないじゃない。友達出来ないし・・・旦那は旦那で夜遊びに出掛けちゃうし・・・」

愚痴をこぼす良子さん。

「あっ!泣いてる。ミルクあげなきゃ・・・」

ミルクなのか母乳なのか分からない小生は、ちょっとその場を外す。

しばらくして
「ごめんねぇT君、気遣わしちゃって。お腹いっぱいおっぱい飲んで寝てくれたわ」

と言う良子さんの乳首がTシャツから透けて見え、胸ポチ状態なのに小生が気付く・・・どうしよう・・・教えた方が良いのか・・・

「あの~良子さん・・・見えてます・・・」

「あっ!?やだ!ごめ~ん!ブラするの忘れたぁ!」

裏へ行ってブラジャーを着けた良子さんが戻って来て

「ごめんねT君、変なの見せちゃって・・・」

「マジで鼻血出そうでした^^俺みたいなガキには刺激強すぎですよ^^それじゃ1時だし園に戻ります」

と笑ってごまかした。

仕事を始めるとやっぱりマジ暑い!

30分もしないでやる気が無くなる。
その時

「T君、どこ~?暑いから3時過ぎからにしようよ」

と良子さん。

「一番暑い時間だし、また具合悪くなっちゃうといけないから」

と気遣いしてくれる。

家に戻って涼しくなるのを待つ間、良子さんと雑談・・・いつの間にか良子さんはタンクトップだった・・・良子さんの表情から目のやり場に苦労する小生の心を見透かされてる気がする。
これは絶対誘われてると確信して良子さんをその場に押し倒してしまう・・・

「T君、駄目よ!こんな事駄目!」

小生は

「良子さん良子さん!俺もう我慢出来ない!」

無我夢中で良子さんの唇に吸い付いていた・・・無理矢理重なってる唇の隙間から

「駄目っ!駄目っ!」

必死に抵抗する良子さんの声・・・

顔を良子さんのふくよかな胸に押し付けてタンクトップの上から揉みしだいてしまう・・・

「T君、これ以上は絶対駄目っ!誰かに見られたら大変だよ!」

もう良子さんの言葉も耳に入らずタンクトップの中に手を入れブラジャーをずらすと現れた巨乳・・・
黒っぽい乳首に吸い付く小生・・・その時、良子さんの抵抗は終わっていた。

強く揉みながら吸い付くと母乳が出てくる・・・

「あっ、あっ、もう止めようよT君・・・」

ジーンズに手を掛けて無理矢理脱がす。

現れたピンクのパンティを一気に下げると濃い目の毛と大きな白いお尻が目に入る。

小生も一気に全部脱ぎ捨て、良子さんの身体にムシャぶりついて、ついに敏感な良子さんのアソコに手を当ててしまう

「そこは駄目っ・・・T君。汚いから・・・」

「良子さんに汚い場所なんて無いですよ。舐めたいです。舐めてもいいですか!?」

アソコに吸い付く・・・確かに少し臭うが、そんな事は気にしてる余裕は無い。

「あっ、あっ、T君そんなに舌入れちゃ・・・いい、いいよ・・・感じてきちゃう・・・」

良子さんのアソコはグッショリと濡れ始めていた・・・

「T君、立って・・・口でしてあげるから・・・SEXだけは駄目ね」

今で言う仁王立ちフェラしてもらう。ぺロぺロ・ピチャピチャ・ジュルジュルと良子さんが舐めてる姿を見下ろすと、上目遣いで見上げながらフェラする良子さんが何とも艶っぽく色っぽい・・・

毎晩旦那さんとやってんだろうなぁ・・・羨ましい・・・

小生自体が溜まってるので良子さんのフェラテクにもういきそうだ・・・

口内射精というのも経験が無かったが、やっぱり挿入したい・・・

咄嗟に口から抜いて良子さんを押し倒して一気に生挿入した

「T君、生は駄目っ!」

と逃げられてしまう。

「俺、我慢出来ない。良子さんとしたい」

「今日は駄目・・・口で我慢ね」

「生って俺、経験無いんです」

と行って半ば強引に生挿入!

「T君、駄目だってば・・・今日危ない日なの。するんだったらゴムつけて・・・」

小生はもう止められない。
女性と生でするのが初めてだし、生の快感に夢中で突いてしまう。

「良子さんの中って温かいです。止められないです。あっ!すみません、いきそうです」

「あっ!駄目っ!外に出して~中は駄目よ!」

既に遅かった・・・
何日分か分からない程の大量の分身たちを良子さんの奥の奥に出してしまった・・・

初中出し!

「T君、中で出しちゃったの・・・すごい量だよ」

良子さんのアソコから分身たちが行き場が無いのか大量に垂れてきた。

「すみません、気持ち良くて我慢出来なかった」

「危ない日なのに・・でもあたしも感じて気持ち良かったよ」

「すみません、襲ってしまったみたいで・・・」

「仕方ないよ、あたしも悪いし・・・旦那には内緒だよ。確かT君A型だったよね?ちょっと身体洗ってくるから」

気持ち良かった・・・。

確かに小生はA型だが・・・大丈夫だろうか・・・。

その後、2人で何事も無かったように仕事を始めた。

少しして

「T君、ポンプ小屋のポンプの栓が開かないの。ちょっと見てくれる」

と良子さんから言われ、2人でポンプ小屋に行く。

「これが硬くて回らないのよ」

小生に大きなお尻を向けながら話す良子さんに興奮して後ろから抱き付いてしまう・・・

「T君、さっきしたからもう駄目よ」

「良子さんしたいよ」

「駄目だって・・・」

だが、良子さんの目がトロンとしている。

その後は覚えていない。
立ちバックでフィニッシュしたのを覚えているだけ。

「T君、若いからすごいね・・・さっきしたのにすぐ出来るなんて・・・旦那とは全然違うよ。子供産まれてから全然してなくてあたしも欲求不満っだったの・・・」

「また中に出しちゃいました・・・すみません」

「今夜旦那としとけば妊娠しても不思議に思われないから何とかしとくね。でも、もうこんな事しないでね」

と言われた小生だった・・・。

だが、これでは終わらず、これが良子さんとの爛れた日々の始まりだった。
夏休みの間、旦那さんが夜出掛けると、小生宅に明日のバイトの事でと言う電話が良子さんから掛かってくるのが増えた。

バイトの事と言うのは口実で『今夜12時にポンプ小屋に来て』と言う連絡。

家をこっそり抜け出しポンプ小屋に向かって良子さんと交わる日々・・・

とにかくポンプ小屋に呼び出された夜は生中出しSEXに2人で没頭する・・・

翌日、果樹園で顔を合わすが、何も無かったように振舞う・・・

ポンプ小屋での良子さんは普段の良子さんとは全くの別人になる。

小屋の扉を開けるとすぐに抱き付いてきて

「して・・・」

と言ってくる。
唇を重ね、舌を絡め合い、フェラされ、生挿入の繰り返し・・・。

「T君、来て!思いっきり出して~!あたしもいく~!」

と淫らな良子さんにこれで良いのかと思いながらも2回は中出しして汗だくで帰る。

ある時、良子さんに

「こんなの続けていいんですか?旦那さんに知られたら大変ですよ。避妊もして無いし・・・」

と聞いてみた。

「ごめんねT君。T君としたら止まんなくなるの・・・あたしのわがままに付き合わせちゃって・・・もう終わりにするから」

と言うが、やっぱり電話が掛かって来る。

小生も良子さんの誘惑に負けてポンプ小屋へ行ってしまう。

良子さんとのSEXは最高だが、底無し沼にどっぷりハマる前に抜け出したいと思いながらも良子さんを抱いてしまう。

夏休みももうすぐ終わりのある夜、良子さんから誘われた。

実は、バイトが今日で最終日。
その夜、ポンプ小屋にやっぱり行ってしまった。
良子さんはもう来ていた。

「ごめんねT君。今夜が必ず最後。だから・・・」

もう滅茶苦茶に良子さんをしてしまう。
半ばレイプ気味だ・・・

咥えさせイマラチオ!母乳を搾り出すように激しく荒々しく胸を揉みしだく・・・
良子さんは

「あ~、いい~、T君、もう我慢出来ないの・・・T君、来て・・・」

これでもかと生挿入を繰り返す・・・

「T君、大きい!すごい硬い!あたし壊れる~T君あたしいっちゃう!いっちゃう!T君、中に来て~!もういいからいっぱい出して~!」

夏休みの間、何回良子さんに中出ししただろう・・・

「T君、すごく良かったよ。ありがとう。彼女に悪い事しちゃったね。でもこれでもうあたしとは終わりにしようね」

「あの時、俺が良子さんの事、無理矢理しなければ・・・すみません俺あの時我慢出来なくて・・・でも気持ち良かったです!」

「いいのよ。お互い良かったんなら・・・あたしもこの1ヵ月間がすごく楽しかったよ。ありがとう」

爛れた日々が終わりを告げた。小生は学校へ通う日々。

その年が終わり翌年2月・・・道端でばったり良子さんと出会う。

「T君、久しぶり!元気にしてた?」

「ボチボチやってます」

その後、良子さんを見て言葉に詰まる・・・

「良子さん、もしかして赤ちゃんいます?」

「うん。もう安定期だよ」

「えっ!それってもしかして・・・」

「どうかな・・・?旦那ともしてたし・・・どっちの子か正直分かんないよ」

と微笑んでいた。
だが、逆算すればたぶんあの夏休みぐらいに出来たんだと思う。

「ごめんなさい。どうすれば・・・」

「T君ってA型だよね。旦那もA型だから分かんないよ。大丈夫。そのぐらいは考えてたから」

と言う良子さん。

「でも俺の子だったら・・・」

「もちろん産んであたしたち夫婦で育てるよ。だから心配しない事」

「あの頃って旦那さんとしました?」

「T君と初めてした日の夜、旦那としたよ。本当に危険な日だったから旦那は疑ってないの」

「回数的には俺の方が多いですよね?」

「旦那とはそれ1回だけだから・・・旦那も酔っててよく覚えてないから失敗したと思ってるのよ」

「すみません・・・」

「元気出して!ほらっ!じゃ、T君がもし気に掛かるんだったら、この子の成長を気にして見ててよ」

「はい・・・」

それから15年が過ぎてその子は中学生(女)になった・・・
どことなく小生の子供と似ている気がする。

やっぱり小生の子であろう・・・

良子さんは未だに何も言わない。

旦那としたってのはウソかもしれない。
心配させないための・・・。

今でも良子さんとは道で会っても挨拶を交わして立ち話する程度。先日も家族でスーパーに買物に行くと良子さんと会った。

「あら~T君、久しぶり。家族で買物?」

「そうです」

「じゃ~また」

あの時の事など無かった事みたいである。
妻は

「ねぇ、あの奥さん良い人だよね。いつもあたしなんかも親切にしてもらってるし・・・昔から知ってるの?」

「俺が学生の時、あそこの果樹園で夏休みバイトさせてもらってたんだ。すごく良くしてもらって今でもあそこでバイトした事は忘れないんだ。暑くてキツかったけど・・・」

妻は『良く』の意味をもちろん知らない・・・。