私のカラダに興味津々の中3の甥っ子を誘惑してみた

某大学に通っている女子大生です。
1年前から中学3年生の親戚のカズの家庭教師をしています。
カズは可愛い顔立ちのフィギュアの羽生君に似た美男子で、少し照れ屋です。

最近、カズが私を見る目が男の目に変わっていることに気がつきました。
先日も家庭教師の日だったのですが、私がミニスカートで行ってしまったせいかカズに落ち着きがありません。
やたらとペンや消しゴムを床に落としては、私の太ももやスカートの中をチラッと覗き込んでいました。

勉強を教えながらカズの股間に目をやると膨らんでいました。
私に反応した甥っ子が可愛く感じて少し意地悪をしたくなり、何気なくカズの太ももに手を置いていたり、オッパイを二の腕や背中に押し付けてみました。
カズの股間は更に膨らみを増して、カズも前屈み気味になっていて、息も少し荒くなっているように感じました。
私が教えているのも上の空のような感じで、必死に堪えているようでした。

「どうしたの?」と聞いても、「いや、何でもないよ」と言うカズの姿を見て笑ってしまいそうでした。

そんなカズが可愛くて、私はカズの太もも置いている手を擦るように動かしました。
カズは何も言いません。
調子に乗った私は、少しずつ足の付け根の方に移動させてみました。
カズの股間辺りに手が触れたのか、いきなりカズは身体をビクンとさせて、「唯ちゃん、くすぐったい!」と言って私の手を払い除けました。
その行動にビックリして「きゃ!」と言うと、カズは「あ、ごめん・・・」と言ってバツが悪そうにしました。

私は自然に、「カズは私のこと嫌い?」と聞いてしまいました。
カズは、「そんなことないよ」と言ってモジモジしています。

「じゃー好き?」と聞くと小さな声で、「好き」と言いました。

「カズは彼女とかいないの?」と聞くと、「いないよ」と言うので、「いないのか~!じゃーどんな娘が好み?」と聞くと、「いや・・・」と言って答えません。

「教えてくれないと怒るよ!」と言うと、やっぱり小さな声で、「唯ちゃんみたいな人」と顔を真っ赤にして言いました。

「カズは私のこと好きなの?」と聞くと、恥ずかしそうに頷きました。

そんなカズに私も火がついてしまったのか、少しドキドキしてしまいました。
カズの手を取り、私の太ももに導いて、「カズも触っていいよ」とカズの手を私の太ももに置きました。
カズはビックリしながらも私の太ももに手を置いたままじっとしていました。
私は自らスカートを上にずらし、少しパンティーが見えるくらいにして、「もっと上の方触ってもいいよ」と言いました。
するとカズは、今まで動かさなかった手を私がしたように少し擦るようにしながら少し上の方にずらしてきて、私のパンティーのすれすれまで動かしてきました。
私も感じてしまったのか、アソコから何か熱いモノが溢れてくるのを感じました。

そうなってしまうと私も大胆になってきて、大きく膨らんだカズの股間に手を宛てがいました。
カズはビックリしましたが、今度は私の手を払い除けませんでした。
ズボンの上からカズのオチンチンを擦ってあげるとビクンビクンとしているのがわかります。
そして硬く大きくなったオチンチンをズボンの上から指先で掴んでみると、驚くほどに硬くなっていて石のようでした。

カズの耳元で、「こんなにしちゃって・・・カズってエッチだね」と囁くと、「ごめん・・・だって唯ちゃんのこと本当に好きなんだもん」と言いました。

私はカズに、「立って」と指示しました。
最初は嫌がっていましたが、私の前に立ってくれました。
私の目の前には大きく膨らんだカズの股間がありました。

カズのオチンチンを擦りながら、「カズはオッパイ見たことある?」と聞くと、「お母さんとか、本でなら・・・」と言いました。

「私のオッパイ見てみたい?」

そう言うと、待ってましたとばかりにウンウンと大きく頷きました。
私は着ていたトレーナーを脱いでブラジャーだけの姿になり、カズに背中を向けて、「外して」と言いました。
すでにカズの鼻息は荒く、ぎこちなくブラジャーのホックを外しました。
私はカズの方を向くと手で押さえていたブラジャーをゆっくりと外し、カズの目の前にオッパイを出しました。
私のオッパイを見ただけでカズのオチンチンはズボンの中でビクンと動いたのがわかりました。

「触ってみたい?」と言うと、「うん」と言って私のオッパイに手を伸ばしてきましたが、「ダメ」と私が言ってオッパイを隠すと、「えーー!」と言って残念がりました。

「触りたならカズのも見せて」

そう言ってカズのズボンに手をかけると、カズは腰を引いて逃げました。

「触りたいんでしょ?じっとしてて」

「だって恥ずかしいもん」

「私だって恥ずかしいよ。でもカズもオッパイ見たでしょ!」

そう言うと観念したのか逃げるのをやめました。
カズのズボンのボタンを外しファスナーを下ろすと、パンツを押し上げたオチンチンが飛び出してきました。
ズボンを膝くらいまで下ろして改めて股間に目をやると、驚いたことにパンツがビッショリと濡れていました。

「なんでこんなになってるの?お漏らししちゃったの?」と聞くと、「唯ちゃんと居ると、いつもこうなっちゃう」と言いました。

後から知ったけど我慢汁というものでした。

カズのパンツを脱がすとパンツからオチンチンに糸が張るほどに我慢汁を出していて、我慢汁でヌルヌルになったカズのいきり立ったオチンチンが目の前に現れました。
カズのオチンチンは真っ赤に充血していて、我慢汁でテカテカに光っていて、お腹に付くくらいに立っていました。
私も前に付き合っていた彼がいて男性経験はありましたが、いつも部屋を暗くしてエッチしていたので、こんなにマジマジとオチンチンを見たことはありませんでした。
それにたぶん前彼は我慢汁はほとんど出ていなかったと思うので、カズの我慢汁には本当にビックリしてしまいました。

「オッパイ触ってもいいよ・・・」と私が言うと、「えっ!いいの?」とカズは言いながらオッパイを触ってきました。

最初は手を触れただけでしたが、やがて揉んできて、手のひらが乳首に擦れるたびに私は身体を反応させてしまいました。

「オッパイ触った感じはどう?」と聞くと、「思ったより弾力あるんだね。もっと柔らかいと思った」と言いました。

「乳首が気持ちいいの・・・」

私がそう言うと、カズは乳首を摘んでクリクリしてきたり指先で擦ったりしてくれて、自然とエッチな声が出てしまいました。
私がエッチな声を出すたびにカズも興奮するのか、目の前のオチンチンがビクンと跳ね上がって動いて、先っぽから透明な液が垂れ流れていました。
カズに、「乳首、すごく硬くなって起ってきてるね」と言われて、急に恥ずかしくなってしまいました。

「私もオチンチン触ってみてもいい?」と聞くと、「うん」とカズは言いました。

私は親指と人差し指の2本でカズのオチンチンを掴んでみるとカチカチの石のようで、ドクドクと脈を打ってるのがわかりました。
そのまま上下に動かしてみると先っぽからいっぱい汁が出てきて、オチンチンの裏スジに垂れ流れてきました。
その液を指で掬い取ってみるとネバっとしていて糸を引きます。
どこまで糸を引くかなと思い、引いてみると何十センチも伸びました。

「見てみてカズ、凄いよ~ほらっ!」と言うと、カズは恥ずかしそうに私のオッパイを触りながら笑っていました。

エッチ全開になってしまった私は無性にそのカズの液を舐めてみたくなりました。
「舐めちゃう!」と言っていきなりオチンチンの先をペロッと舐めると、カズはビックリしたのか、「うわっ!」と言って腰を引いて逃げました。
オチンチンの先から私の舌に長い糸が張っていました。

「逃げないで!」と言って、私はカズのお尻を掴んで引き寄せて、「えいっ!」と言ってヌルヌルのオチンチンの先を口に咥え込み、チュッと吸って我慢汁をいっぱい口に含みました。

カズは、「うぅ~」と唸ってました。

正直、その時は我慢汁のことを知らなかったので、こんなにヌルヌルした液まみれのオチンチンを咥えるのに少し抵抗がありました。
もしかして精液かもしれない・・・と思いながらも、エッチな気持ちのほうが優っていたのか、抵抗感はあったけど舐めたいと思ったのです。
液を口の中に含み舌を動かしてみると、ヌルヌルした感じで少ししょっぱい味がしましたが不味くはなかったです。

「納豆みたいにヌルヌルしてる」と言いながら、少し抵抗はありましたが我慢汁を唾液と一緒に飲み込みました。
もし出してしまうとカズに悪い気がしたので・・・。

「俺もオッパイ舐めてみたい・・・」と言うので、「いいよ。じゃあベッド行こう」と言って横にあるベッドに横になりました。

カズは私に抱きつきオッパイを舐めてきました。
乳首を吸われると、「ああん・・・」と声が出てしまいます。
私が反応するのを見てカズは赤ちゃんのように乳首を吸いました。
私の太もも辺りにカズのオチンチンが当たり、太ももを我慢汁でヌルヌルにされました。

私は無理矢理に手を伸ばしてカズのオチンチンを握りました。
カズは握りやすいように体勢を動かしてくれました。
ビクンビクンと脈立つオチンチンが素敵でした。
とても興奮しました。
シコシコ動かしてあげると、カズは身体をくねらせたりピクンとさせたりしました。

「唯ちゃん・・・イッちゃいそう」と言うので、動かすのをやめて強く握り、「イキそうなの?精子出したことあるの?」と聞きました。

カズは恥ずかしそうに、「うん・・・」と言ったので、「一人エッチすることあるの?それとも彼女と?」と聞きました。

カズは、「彼女居ないし・・・一人で・・・」と言いました。

「じゃー、一人でして見せて!」

意地悪っぽくそう言うと、「恥ずかしいから嫌だよ」と言ってきました。

「私のアソコ見てみたい?一人でするの見せてくれるなら見せてあげようか?」

「見せて欲しいけど・・・」

「ねぇ?どうする?ねぇ?」

私はしつこく聞きました。

「唯ちゃんの、本当に見せてくれる?それならいいけど・・・」とカズは答えました。

私はスカートを上げパンティーを脱ごうと思ったのですが、その時に気がつきました!
私のオマンコがものすごく濡れていて、パンティーまでビショビショになっていることに。
急に恥ずかしくなり、「やっぱ、やめよう!」と苦笑いしながら言ったのですが、今度はカズが歯止めが効かなくなり大胆になってきて、「そんなのダメだよ、約束でしょ!」と私のパンティーを脱がしにかかりました。

「カズ、ダメ・・・やめよう!ね!やめて」

そう言ったのですがカズの耳には入らないようで、必死にパンティーを脱がそうとします。
逃げようとして私が四つん這いになった時、カズは私のパンティーが濡れていることに気がつきました。

「唯ちゃんのパンツ濡れてるね。唯ちゃんこそ、お漏らししちゃったのか?だから嫌なの?」と言ってきました。

私は濡れていることに気がつかれたのが恥ずかしく、顔が熱く真っ赤になるのを感じました。

「違うの!違う!オシッコじゃないし!女の人はエッチな気分になると濡れてきちゃうの!カズと一緒だよ」

「じゃーいいじゃん!」

カズに一瞬でパンティーを脱がされました。
濡れてることに気がつかれ、すでに脱がされてしまうと私も観念しました。
カズの手から私の濡れたパンティーを取り返して枕の下に隠すと、「そんなに見たいの?私なんかの・・・」と言うと、「唯ちゃんのだから見たい!」と真剣な顔で言われました。
そう言われちゃうと嘘だと思っていても嬉しい気持ちになりました。

「じゃあ見せてあげるけど・・・いいもんじゃないよ。気持ち悪いかもよ」

私はベッドの上に正座をして、股間からいきり立ったオチンチンを出しているカズの正面に座ってスカートをたくし上げ、ゆっくりと足を広げました。
カズは真剣に私の股間を見つめて鼻息を荒くしています。
私は両手でオマンコを広げました。

「どう?気持ち悪いでしょ?」

「ううん、唯ちゃんの見れて感動してる。すごく濡れてるんだねキラキラしてる」

カズに見られているのが恥ずかしくて体は火照っていました。
オマンコからは何かが溢れてくるような感じでした。
カズは、「もっと近くで見ていい?」とオマンコの近くに顔を近づけてきました。
濡れたオマンコにカズの息がかかります。
私は恥ずかしくてオマンコを広げてる手を離してしまいました。
するとカズは何も言わずに自分で私のオマンコを広げてきたかと思うと、オマンコを舐めてきました。

「嫌・・・汚いよ~!」

足を閉じようとしましたが、逆にカズの頭を押さえつけるような感じになってしまいました。
ピチャピチャ、ジュルジュルと音をさせて、カズはオマンコを舐めたり吸ったりして愛液を味わっていました。
私はもう感じすぎて体が自然と反応してしまっていました。
そしてすぐに私は、カズの口でイッてしまいました。
ビクビクと身体を震わせてグッタリしている私をカズは心配そうに見ながら、「唯ちゃん!大丈夫?」と心配していました。
私はぼーっとしたまま、「大丈夫だから」と答えました。

我に返った私は照れ隠しに、「まさかカズにイカされるとは!」と笑いながら言って、「約束なんだからカズの一人エッチ見せてよね!」と言うと、「約束だから仕方ないね」とカズは寝そべって、オチンチンを握ってシコシコしごき始めました。
オチンチンの先からは異常な程にガマン汁がにじみ出ていて、しごくたびに垂れ流れてきます。

そんなカズのオチンチンを見てると、何かに惹かれるように自然とオチンチンの先に手が行ってしまいました。
溢れ出る我慢汁を指先で亀頭に円を描くように擦り付け、先っぽを触りながら、もう片方の手で玉袋を優しく包んで擦ってあげました。
カズは力強くオチンチンを握り締め、動きが激しくなってきたかと思うと・・・。

「ダメ、もうイッちゃう!」

勢いよく水のような何かをピュッと飛ばした直後、白い精子をビュッ!ビュッ!と20cmほど上に飛ばしました。

私は、「きゃ!凄いね」と言ってじっくり見ていました。
男性の射精する瞬間を目の当たりにするのは初めてでした。
カズは精液まみれのオチンチンをまだゆっくりとしごいていました。
しごくたびにドクドクと先っほの穴からまだ精子が出てきていました。
凄い量でした。
漂白剤のような青臭い精子の匂いが凄かったです。

精液まみれになったカズのオチンチンと手を私はティッシュで拭いてあげ、オチンチンを握ったままで動かないカズの手をオチンチンから離すと、さっきまで石のようだったオチンチンが少し柔らかくなってグッタリとしていました。
足やお腹にかかった精子や周りに飛び散ったのも拭くと、ティッシュを十数枚も使ってしまいました。
本当に凄い量でした。

小さく半分皮を被ったようになっているオチンチンは子供のようなオチンチンでした。
そんなオチンチンを搾り出すように根元から先っぽに向かって絞ると、残った精液が先っぽから出てきました。
私は舐めてみたくなり、先っぽから出てきた少しの量の精液を口を付けて吸い出しました。
味は、苦いような甘いような表現できない味でした。
でもその時は、(これがカズの味なんだな~)とやけに落ち着いて感じていました。
カズは身体をゾクゾクさせながら無言で唸っていました。

「いつもこんなに精子出してるの?すごい量だよね」

「こんなに出たのは初めて・・・いつもはティッシュ2、3枚だし。きっと唯ちゃんが一緒だからかな」

なんか嬉しかったです。

そろそろカズの親も帰って来そうな時間になってしまったので、お互い服を着て、机に戻りました。
私のパンティーは愛液で濡れすぎてて穿くと気持ち悪いので、穿かずにカバンに仕舞いました。
ノーパンにミニスカートという状態になってしまいましたが、家も近くなのでいいかなぁ~と・・・。
当然のことですが、お互いに今日のことは誰にも内緒って事にしました。

お互いにスッキリしたのか、その後は何もなかったように普通に勉強を教えているとカズの親が帰ってきました。
勉強が終わり帰ろうとする私にカズが、「唯ちゃんに彼氏とか出来たら嫌だなぁ~」とぼそっと言いました。

「じゃーカズが早く大人になって私と結婚してくれる?」と笑って言うと、「唯ちゃんが待っててくれるなら!」と言いました。

カズがとても可愛く感じてしまい、「もう一回、私のアソコ見てみたい?」と聞くとカズが頷いたので、椅子上に足を上げてM字に広げました。
カズはビックリした顔で、「パンツ穿いてないの?ヤバいじゃん・・・」と言いながらオマンコを指で広げて見ていました。
そしてオマンコにチュッとキスをして、「唯ちゃんの匂い好き」って言いました。

「えっ!臭かった・・・嫌だ!」と言って足を閉じると、「いや、エッチな匂いというか・・・全然臭くないよ」とカズは言いました。

「また大きくなっちゃった?」と私が聞くと、「うん、なっちゃった」と言うので、ボタンとファスナーを外しズボンを下ろし、ガビガビになったパンツからまた元気に硬くなったオチンチンを出すと、我慢汁でヌルヌルになっている亀頭にチュッチュッとキスをして我慢汁を吸い取ってあげました。

「はい、おしまい」と言ってパンツとズボンを戻すと、カズは不満気な感じでしたが、「ありがとう」と言っていました。

カズとカズのお母さんに挨拶をして帰路につきました。
冬の寒空の中、ノーパンだったので、少し愛液で濡れたアソコはヒンヤリとして少し気持ちが良かったです。
帰り道、我ながら凄いことをしてしまったと思いながらも、思い出すとカズのことが愛おしく思えて少し嬉しい気分になりました。
本当はセックスしたかったなと考えましたが、これからもカズの家には家庭教師で通うのでそのうちに・・・と、少しニヤケながら家に帰りました。