バイト先の憧れの女の子とあったHな話

今年の夏の出来事。
近所のお祭りでバイト先の『あき』とばったり。
向こうは友達連れ、こっちは寂しく、一人でたこ焼きを買いに来ただけという状況。

「屋台で飲もうか~」なんて話したら意外にもあっさりOKサインで三人で飲み始めた。

憧れてたというか、夜な夜なずりネタにしてるあきちゃんと飲めるのは正直嬉しかった。
あきはシャワーを浴びて来たっぽくて、石鹸の香りがうなじや二の腕から匂って来て、クラクラしそうな清楚感。
一方の友人の『あや』という子も負けずにいい匂い、さらに巨乳。
俺は甲乙つけ難いこの状況を楽しんでた。

夜10時過ぎになり、あやちゃんは、「これから(彼氏に)会いに行くから、バイバイ」と言ってそそくさと帰っていった。

あきちゃんとはシフトも一緒になることが多い。
それは俺がマネージャーに、「あの子との仕事はやりやすくて捗る」と褒めておき、「じゃあ君が指導係ね!」という理由でかなりのシフトを一緒になっていたので、彼氏いるとかいないとか家族がどうだとかそれなりに話は通じていた。
いつも内巻きカールの髪形で、巨乳ではないけれど体形に合った胸、痩せ型でスラっとしてて脚は長く、水着を想像するとはぁはぁしてしまっていた。
その日の浴衣も落ち着いた柄で、下駄を履いている足の指先がめちゃくちゃ可愛く見えて、ドキドキしながら飲む。
足の裏とか時々ちらりと見えるのだが、これまたドキドキだった。

帰る前のお話タイムで公園のベンチで休んでいると、「意外と飲んじゃったよぉ~」と人の肩で休んでる。
もうこの匂いたまらん!
石鹸と女の子の匂いが入り混じっていてムラムラくる。
しかし、こんな状況下でガオー!っとするのはやらしい男のする事だ。
俺は・・・やらしいけど・・・そういう事はしない!
じゃない、そういう事が出来ないヘタレな男だ!

「いい匂いだね、あきちゃん」
「えっ?あっ(///)」

「あ~その、やらしい意味じゃなくて・・・女の子のいい匂いがする」
「もぉ~やらしっ!(///)」

めちゃくちゃにしてぇ!
女の子の匂いじゃなく俺の匂いをつけたい!
俺の匂いで染めたい!
心臓ドキドキ。
喉カラカラ。

「浴衣可愛いね」
「うん、ありがと」

「1人で着たの?」
「着付けできるから1人で大丈夫、今日のあやのも私がしたんだ」

ぬぅ!
2人で半裸になりながら着付けしてるのを想像するのは今はやばすぎる!
帰ろうとするけれど、なかなかベンチを立てない2人。
うん、青春!

「帰る?」と俺。

「もうすこし・・・」とあき。

家の周りに都営住宅とラブホが点在してる。
後は公園と民家がチラホラと。
あと倉庫や工場が並ぶ。
正直、最悪な街だ。
だが今は少し歩けばラブホの入口がある事が、生まれてこの方初めて、ココに住んでてよかった!と思った。
夜中の12時になろうとしていた。

「あぁ~頭がフラフラするよぉ~」

「大丈夫?」

自然と俺が膝枕してあげる形になったが・・・。
あの~そこにはロッキー山脈とは言いませんが、愛宕山位はあるんです。
気が付かない訳がない。

「あれ?www」

「えっ?なに?ww」

膝枕すると普通は外側向くのに、なぜこっち側に向くかな・・・。
あきのほっぺたにモロに当たってる。
それを想像してたらもっと硬くなって、甚平着ていたんだけどその膨らみが増す。

「◯◯君!もぉ~変態!w」

「だってww」

もうここでガオーしなきゃ男として失格という烙印が押されるんじゃないか?
俺は一生後悔するんじゃないか?
そう思い、ガオー準備に取り掛かる。
誤魔化す為にベンチを立ち、後ろから抱きつく。

「きゃ」

聞く耳持たず。
ぎゅっとしてうなじの匂いを思いっきり嗅ぐ。
頭クラクラ~、これ麻薬です。

「ねぇ・・・ココじゃ・・・人に見られちゃうし」

なんというビッチな発言!
自分からホテルに行こうとな?

「うん!」

やる気まんまん!
2人で手を繋いでそのまま裏のホテルまで。
なんというスリリングというかナイスな展開!
嬉しすぎて勃起が収まりません。
部屋に入るなりいきなり飛びついてみた。

「あっ・・・シャワー浴びてないから汚いよぉ」

「あきちゃんのなら平気」

匂いフェチ変態MAX。
キスした。
初めてじゃないけど凄くいい匂いなキス。
浴衣はもう肌蹴て生足がベッドの上でクネクネしてる。
って俺の脚じゃないよw
帯の取り方とかわからないし、そのまま続行。
浴衣の下の下着は白のレースっぽい生地で毛が透けるほど薄い。
これは!やらしすぎる!
ブラもセットでお揃い柄。
という事は・・・。
乳首透けGOOD!

「あぁ、だめぇだよぉ~」

そんな事お構いなしにブラずり下げて乳首にむしゃぶりつく。
白い肌、すべすべの胸、そして硬く尖った乳首。
俺の先っちょはヌルヌルです。

「んんんんっっ!あっいやぁ~」

また聞く耳持たず。
昔から人の話を聞けない子供でした。

乳首咥えながら下への攻略にかかる。
下着の上から優しくタッチする。
しっとりと滲み出てる。
レースが濡れてスケ度がUPしてる。
形がきっちりと浮き出る。
毛が薄く、縦に1本線が綺麗に浮き出る。
毛ははみ出る事なく収まっている、けれどその下はきっと洪水。
で、あって欲しい・・・。

「あっダメ!汚いから・・・」

乳首を離してから太ももへと舌を移動し、内股を舐める。
ビクンと身体が波打つ。
下着をゆっくりと両側から下ろす。
しかし全部は脱がさない!
片っぽの脚に引っ掛けたままだ。

(薄い毛の奥に、ついに憧れのあきちゃん、ズリネタにしていたあきちゃんの・・・)。

形もあまり確認せずに優しく舌を伸ばしてゆく。

「んくっっ、あぁ」

舌にまとわり付くエロ汁が洪水であることを確信させる。
クリは小さめだが、吸い付くと徐々に大きくなり、ぷっくらと膨らみ、舐めてる俺の顎辺りはエロ汁でべちゃべちゃだ。
股の付け根からだってあきちゃんの匂い。
石鹸と女の子の匂いと、そして性的なフェロモンの匂いが入り混じる。
こっちの心臓もドキドキする。
しばらくピチャピチャと音を立てて舐め上げると・・・。

「あぁイヤぁ・・・音だめぇ」

身体が弓形に浮いている。
そろそろイクかな?
しかしここで気を緩めては・・・。

「あっダメ!イッちゃう!イク!あきイク!」

浴衣着た女の子が肌蹴てビクビクいっている姿はやらしくて、それも片方の脚には汁まみれの下着、胸は肌蹴てブラから片方だけ胸が顔を出して、身体が震えるたびに胸も小刻みに震えてる。
俺はこれを見てるだけでイキそうになったし、もう挿入なんてしなくてもいいや!という満足感に至る。

「あきちゃん、すごい濡れてる」
「恥ずかしいよぉ(///)」

「大丈夫だよw」
「◯◯君のも・・・」

咥えようとするけれど、微妙に阻止。
フェラタイムは後のお楽しみでもいい。
肌蹴た浴衣にのしかかると下半身を露出した。
すぐさまあきちゃんの手が伸びてきて触る。

「熱い・・・よ」

受け入れ態勢が出来てるというサインなのか徐々に脚が開いていく。
ここでゴムをするかしないかという重大な、しかしこの状況ではナンセンスな質問にぶち当たる。
するとあきちゃんが、「しなくてもいいよ」と!
その言葉を聞き、そのまま挿入する。

なんという温かさ、そしてうねり。
締めつけ感、オナホールなんて目じゃねぇ!
あっちはあっちで違う良さがあるが・・・。
俺のフェチ心をくすぐる匂いが無い。
軍配はやはり生身だ。

「んっっ」

「あぁ、あきちゃん!入ったよ」

「いいの、来て!」

抱きかかえて、感触を楽しむように腰を振った。
胸を愛撫しながらねっとりと、それでいてしっかりと奥まで。
俺の愛宕山、頑張りました。
ロッキー山脈には敵いませんが役割はなんとか果してます。

「うううっ」

「あきちゃん、好きなんだ」

「あっ、あたしも!あたしも好きー」

すきすきすきーなバカップルタイムでしたが、それなりに気分を高めてくれます。

「いいの!!だめ、またイッちゃう!」

「いいよ、イク時の顔見せて」

「あぁ!ああぁいやぁ、恥ずかしいのっダメ!イク!イクの!あきイク!」

座位で抱えると仰け反る。
それでいて腰だけは深く深くと俺の腰に絡める。
結合部に指を当てて、クリだけ弾く。

「あぁ!何回もイッちゃうよぉ」

もう仰け反りまくり!
ガクガクと震えるとあそこがギュっと締まる。
これはやばい。
出てしまう。

「あきちゃん!イキそう」

「あぁダメぇまだ・・・まだ抜かないでぇ」

「イクよ!どこに出す?」

正常位に戻して腰を打ち付ける。

「中は・・・中はダメぇ」

「手出して」

こんなエロ顔のあきちゃんの中に出したらどんなに気持ちがいいだろうかと考えるが、さすがにまだ理性はあるみたい。

「イクよ!あきちゃん!出るよ!うあぁ」

情けない声と共に引き抜く。
そしてあきちゃんに握らせる。

「えっ・・・すごい、ビクビ」

「ク」まで言わないうちに、ドクドクとあきちゃんの手にしごかれて射精。

「あぁやらしい・・・すごい出てる・・・」

浴衣に大量に散布してしまうが、あきちゃんはまったく気にしてない様子。

軽く休憩して談笑して、「お風呂にお湯入れて来るね」と言ったところで後ろから抱き付いて、今度はバック責め。
耳元でエロい事言いながら、下着の横から挿入されたチンポ触らせて、「気持ちいい気持ちいい」と絶叫させるが、そんな俺も絶叫限界!
浴衣を捲って下着だけの尻にたっぷりと射精しする。
尻のRに沿って垂れて行き、下着に辿り着き、そして染みて行く。

その頃にはお湯を大量に無駄にしてまして、水道局に怒られるんじゃないかという程お風呂は溢れ返り、そしてその口切いっぱいの湯船にザブンと、またまた溢れてしまうのをわかっていながら2人で入湯。
悪です。
風呂場でイチャイチャしながら念願のフェラタイム。
髪の毛を掻き上げながら、根元までの丁寧なそして的確なフェラでもうビンビン。

「イクよ」と言うと軽く頭を押さえる。

「あきの・・・あきのお口に白いの出すよ!」で射精。

喉が動く。
湯船の中のあきちゃんの脚ももじもじと動く。
次は逆にして縁に座らせて、徹底クンニ攻撃。

「『舐めて』って言って」

これが意外にも火がついたらしく・・・。

「あきの・・・おまんこ舐めて下さい!」
「気持ちいいの?」

「◯◯君にされるの気持ちいいの!」
「じゃ舌入れるよ」

「あぁ音・・・音恥ずかしぃ(///)」
「じゃやめる?」

「いやぁ、あきの・・・あきの舐めてください!」
「じゃ、思いっきり感じてごらんよ」

そしたらすぐイッたw

「あぁ!イクの!あきまたイッちゃうの!ごめんね◯◯君!イクの!あきイク!」

「いいよ、思いっきりイクんだよ!」

ものの5秒程?
しゅーしゅー潮まで吹いて痙攣してた。
脚がガクガクで、持つのも大変なくらいで失神寸前。
抱えて風呂から出た。
その後、疲れ果てて、5時間前位まで一緒に居た。

朝にもう一回して、一応「付き合いましょう」って事になったんだが、俺にとっては、たこ焼き買いに行っただけであきちゃんと結ばれたのはめちゃくちゃ嬉しくて、今はまだのぼせ上がってる。