退職する職場で片っ端からエッチしてと頼んでみたら

もう何年も前のこと。転職することにして2年ほど勤めた中小企業をやめた。

給料安いし先行き不安だったんで、取り立てて未練はない。

…はずだったが、退職を前に一つだけ心残りが生まれた。

その職場、パートや派遣を入れたら3分の1くらいは女だったんだ。

もちろん、美人とブサとその中間の混成部隊だけどな。

手をつけないまま職場を離れるのはもったいねえ…。

そこで思いついた。女子社員に片っ端から「エチーさせて」とお願いしたら、

どれだけ応じてくれるか?調べてみることにしたわけ。

若気の至りっつうか、我ながらアホなこと考えたと思う。

まあ、転職したら離れた土地に引っ越すし、

元の職場と接触することはないって気楽さもあった。

俺の再就職先、会社にも知らせなかったし。

とりあえず俺のスペックね。いたって普通…つっても分からんか。

当時20代半ばで、177cm-65kgの筋肉質。

顔はミスチル桜井風味だが、どうやら「並の上」程度らしい。

国立大で遊んでて回り道したんで、腰掛けのつもりで中小企業に入った。

会社じゃ内勤の管理部門。仕事は適当に手を抜いてたが、勤務評定は良かったな。

性格は…何となくチャラ系っぽく見られてた感あり。

人当たりはいい方だし、女の子とも気楽に話せるタイプだ。

つっても、別に女たらし人生を送ってきたわけじゃねえぞ。

初エチーは中2でチン長17cmだから、一応「常人」の範囲内だと思う。

ただ頼みまくるだけじゃ面白くないので、勝手にルールを決めた。

①恋愛関係になるんじゃなく、単純にセクースさせてくれと頼む。

 キーワードは「思い出づくり」、NGワードは「付き合ってください」。

②社内でも社外でも、2人きりになったとき、他人に聞こえないように頼む。

 あとに残るからメールはなるべく使わない。

③明るく、でもマジメな顔で。笑われても退かれてもヘコたれない。

 断られてどこまで食い下がるかは、ケースバイケースでいいや。

④恋愛関係にならないってことは、関係は1回だけで我慢する。

 もちろんコンさん必携。彼氏・旦那はもちろん、周囲にバレないように。

とりあえず身近な所からスタートすることにした。

退職を公表してから辞めるまで2~3カ月の間に、

どこまで広げられるか…ってのが醍醐味だ。

【同期の美紀】

手軽といっちゃ失礼だが、最初の標的は同期の美紀(24歳)にした。

外見は、羽野晶紀(和泉元彌嫁)を上品&普通っぽくした感じ。

とりたてて美人でもないけど、ブサじゃねえし。ま、普通の子だ。

当たりは柔らかいけど、年の割にしっかりしてて信頼も置ける。

仕事で互いにフォローすることも多かったし、一般的な好感度は高そうだ。

女としての色気は感じなかったが、職場で色気振り撒いても仕方ねえしな。

学生時代の彼氏と続いてて、「もしかしたら結婚するかも」なんて言ってた。

で、頼んでみたら「ええ~?冗談でしょお?」と予想どおりの反応。

そりゃ驚くよな、普通。

「冗談じゃなくて、思い出としてさ」と小声で迫ると、

周りを気にしながら「いきなり言われても困るし…」とマジ困った様子だ。

でも、いきなりじゃなきゃいいのか?

退社のときもう一度お願いしたら、とりあえず飲みに付き合ってくれた。

2人で飲みながら再度トライ。その時は黙ってたんだが、

帰り道にわざとラブホ街を通ると、そのまま着いて来てホテルの中へ

…ってOKじゃん!?

自分で仕掛けたとはいえ、予想以上にスピーディーな展開に少々ビビッた。

とはいえ良く知る間柄だし、部屋に入ってしまえば何だか恋人感覚。

「まさか誘われるなんて」って、俺もそれまで誘う気は皆無だったんだが。

先にシャワーを浴びてベッドで待ってたら、

タオル巻いてシャワーから出てきて、モジモジしながら隣に座る。

キスしようとしたら、ちょっとためらったけど普通に応じてきた。

それまで職場じゃ彼女に欲情したことなかったが、

脱いだらそれなりに均整の取れた体と白い肌で、これまた普通にオッキ。

そこそこ形のいいオパーイ(推定B~C)揉むと「ああ…」って、

これまた普通に反応する。てか、指マンですげえ濡れてたな。

普通普通で申し訳ないが、エチーも普通でした。

アソコもキツくも緩くもなく、正常位で挿入して腰振ると

「ああん…ああん」と、やっぱり普通に反応した。

もっとも、これだけ抵抗なく抱けたってことは、

今思えば体の相性が良かったんだろうな…って気はする。

イクとき「やだやだ…やだぁ」ってしがみついてきて、

ちょっと「あっ、カワイイ」なんて思った俺。

知り合いの喘ぎ声って、思いのほか萌える…これは新発見だった。

1回出してから顔の前にチ●コ突き出したら、何も言わずフ●ラしてくれた。

フ●ラテクは…やっぱ普通だったけど、十分に元気回復。

2回目はバックで攻めたんだが、お尻の形が可愛くて妙にキュンときたな。

結局、2回放出。もちろんコンさんは装着したぞ。

ぐったりしたままベッドでイチャイチャしてたんだが、最初から最後まで

まったく違和感を覚えなかったことに驚いた。

普通に腕枕でキスして、2人でシャワーも浴びたし。

帰り際「こんなことになるなんて…思ってなかったよ」って、

ボクも思ってませんでした♪

もっとも、終わってからちょっと後悔したのは事実。

入社以来、同期じゃ一番仲良くしてたし、男女とかそういう感情抜きに

愚痴も聞き合った「戦友」的存在だったからな。

それでも「最後の思い出づくりなんだ」と自分に言い聞かせ、

今後の奮闘を誓う俺だった。 いてフェラしてくれたけど。
【新人の真美】

思わず順調なスタートだったので、気を良くして

次の標的に選んだのは高卒新人の真美(19歳)。

小柄でちょいとポチャ系だが、色白で可愛げ

…つうか、外見は「おとなしめの柳原可奈子」なんだが。

化粧はあんまり濃くねえぞ。

柳原と違って性格はまじめな方だと思うが、必要以上に緊張するタイプ。

仕事でもつまらんミスが多くて、上司によく怒られてた。

実家住まいで彼氏はいないらしい。

さっそく頼んでみると、真っ赤な顔して「じょ、冗談言わないでください」。

さらに頼むと「こ、困りますぅ」。

うんうん困るでしょ。困った顔、結構可愛いよ♪

「嫌だったら無理にとは言わないけど」なんて言いながら、なおも誘ったら

しばらく考えて「Aさん(←俺)、明日の土曜って家にいます?」と聞いてきた。

「いるよ」と答えたら、何を勘違いしたか「じゃあ…明日のお昼にうかがいます」。

それってOKなの?怖いお兄さん連れて来るわけじゃないよね?

親同伴で来られても困るぞ。

まあ、どうせ引っ越すし…と腹くくって待ってたら、

当日の正午きっかりに1人で来た。しかも食材買ってきたし。

いつもの似合わないスーツ姿と違って、少女趣味の白ワンピ。

美容院から直行したのか髪もセットしてたし、メークも念入りだった。

ここまで意識させて悪いことしたな…と罪悪感を覚えながらも、

勘違いに甘えて昼飯を作ってもらう非道な俺。

あまり美味しくないパスタを2人で食べながら

「会社であんなこと言って…焦りましたよぉ」

これってOKサイン?さりげなく横に移動し、隙を見て肩を抱く。

体を硬くしてるが拒否はしないので、そのまま押し倒す。

ああ、非道だよ!

ワンピ脱がせると、可愛い下着つけちゃって…てことは覚悟して家に来たのね。

ただね、お嬢ちゃん。体型補正でキツめの下着を選ぶ気持ちは分かるけど、

脱がされるつもりなら体に跡が残らないのにすべきだったね♪

ちなみに脱いでも肉付きは良かったけど、オパーイは小さめ(推定A~B)。

代わりといっちゃなんだが、尻と太股は立派だったな。

体型を気にしてるらしく、さりげなく「キレイな体だね」と褒めると、

いい笑顔になった。その笑顔に戦闘準備OK!

もしかして処女?と一瞬思ったが、一応、貫通式は終えてたみたい。

それでも経験豊富じゃないらしく、かなり濡れてたけどアソコはキツかった。

締まりがいいってより、出し入れするとき膣壁に抵抗感が残る感じ。

それでも感度は悪くない。指入れピストンしたら「くうぅ…くうぅ…」と

子犬のような声を上げて、お汁ダラダラ。ならばと正常位でチンコ入れたら、

ちょっと辛そうな表情を見せたが、健気に一生懸命腰を振ってくれた。

ウブっぽい仕草に早期発射しそうだったが、女がイクまで何とか我慢。

「やだあぁぁ~」と叫んで体を震わせると同時に、俺も爆発した。どぴゅっ!

終わったらベッドで幸せそうに体を擦り付けてきて、さらに募ったぜ罪悪感。

でもまあ、その後も会社で笑顔は見せてくれたが、

勘違いされて付きまとわれたりしなかったのは幸いだった。

体型のせいで社内の男ウケは今いちだったけど、

付き合って(突き合って?)みれば良い子だったと、言い訳がましく思う。

【人妻の美咲さん】

調子に乗って人妻に挑戦。

同じ部署の美咲さん(28歳)は結婚3年目で子供なし。

細身で地味な感じだけど、よく見ると美形で、そこはかとない色気がある。

化粧濃くしたら坂本冬美っぽいかも。

もともと気軽に声を掛け合う仲だったし、普段のノリでさらりと誘ってみる。

「なに言ってんのよぉ」とかわされそうだったので、少しマジメな顔で頼むと、

さすがに困った顔で「そんなこと言われても、家のこともあるし…」。

う~ん、やっぱり人妻は家庭があるから難しいか。

でも、ボクが嫌ってわけじゃないのね?と都合よく解釈する俺。

それほどダメっぽい手応えじゃないから、ダメモトで旦那の予定を聞いてみた。

偶然、その日は接待で遅くなるらしい。

…てか、旦那の予定を喋るってことは脈あり?と、さらに都合よく解釈する俺。

思い切って「じゃあ今日は?」と言うと、

少しだけ考えて「会社退けたら…○○(近所の喫茶店)で待ってて」

脈あったじゃん♪

言われた通り待つこと30分。近くで買い物を済ませて来るあたりは主婦だ。

「こんなことして…いいの?」いや、美咲さんさえよけりゃ、俺は大歓迎っス。

2人で並んで歩くときは、さすがに周りを気にして少し距離を取ってたけど、

覚悟は決めてたらしい。ラブホの門をくぐったら、彼女の方から腕を絡めてきた。

いや、ホント普通の…ちょっとキレイな主婦なんだよ。

ズベっぽい雰囲気なんて全然ないし。そこがまたソソるわけで、

別々にシャワーを浴びる時点でビンビンになってました。すんません。

シャワーから出た美咲さんを立たせたまま、タオルを取り去る。

「明かり消して…」と顔を覆ったが、この体を観賞せずにおくものか。

立たせたまま薄毛のアソコを指で開いたら、太股までお汁が垂れてきた。

実際、色白の体はかなりの上玉だった。

ウエストが締まってて、オパーイはCくらいだが弛みはないし、

美乳といっていいんジャネ?しっとりした触り心地も最高!

ツンと上を向いた乳首は、大きめながら色は薄め。

ホント、人妻にしとくにゃもったいねえな。

清楚な雰囲気とは裏腹にエチーは積極派だった。

視姦でかなり萌えてたらしく、抱き寄せてキスしたら完全にギアがオン。

舌は絡めてくるわ、自分からチンコ咥えてくるわ、

俺の乳首から足首まで全身舐め回してくるわ。

乳首攻め→クンニの黄金コンボでお返ししたら、

またぐらを思いっきり広げて腰をよじりながら「そこよぉ~いいのぉ~」。

色っぽい声がタマランです。

すっかり興奮したところで、女が上に乗って「入れちゃう~」と挿入。

アソコはやや緩かったけど、アンアン喘ぎながら腰を上下動させる。

負けじと腰を突き上げると、俺にしがみついて「アアァー!」と昇天しちまった。

あまりに色っぽいし勃起も衰える気配がないので、休憩なしで2回戦突入だ。

正常位で突きまくったら、「硬いわぁ~、硬いの好きぃ~」と乱れまくり。

最後は白目剥いて半失神した。

清楚と淫乱…やっぱ人妻は、この二面性が基本ですな。

難を言えば、家に帰らにゃならんというので、セクース後の

「しっとり時間」が十分取れなかったこと。まあ、これは仕方ねえか。

あの奥さんならセックスレスも無縁だろうな…と思ったら、旦那とは月1らしい。

世の中にはなんと愚かな男がいるもんだ…と、

遅まきながらMOTTAINAI運動への参加を決意した夜だった。

【先輩の瑛子さん】

俺の大学の先輩でもある瑛子さん(29歳)は、

総合職採用のはずが妙な天然ぶりを発揮し、

気が付けば「仕事がデキないお局」的ポジションに座ってた人だ。

長身でスリム…つうかヒョロリ体型で、

清水ミチコを2発ほどグーで殴った感じの顔面だな。

物静かというか、いつもニヤニヤして何考えてるか分からんタイプで、

女子社員の間でも浮き気味。実はアニヲタってのは、後輩の俺だけが知ってる。

独身で彼氏もいないっぽい。いや、聞いたことないだけだが。

ちょっと悩んだが深く考えず突撃。

単刀直入にお願いすると、ニヤニヤしたまま「ふふふ…」。

想定外の反応にたじろぎながら、再度トライしたら

「へー、A君(俺)ってそーゆー奴だったのかぁ」どっか馬鹿にした口調だ。

まあ、馬鹿にされても仕方ないのは事実だが。

めげずに頼むと、少し考えて「やめとくワ。A君、タイプじゃないし~」

いや、俺もアンタのことタイプじゃないんですけどね。

半ば意地になって誘うと、いい気になったか

「ん~~、しつこいなぁ。そうだ、5万円ならいいよ」

ってアンタ、何様ですか?自分を棚に上げて怒りがこみ上げてきた。

とはいえ先輩だし、無理言ってるのは俺の方だ。

その場は退いて、日を置いて何度か再挑戦したが、

そのたび「だからぁ、5万円つったじゃない」と繰り返す。

値引き交渉するのも変なので、お願いベースで続けたが、

そのうち向こうから「5万円、用意できたぁ?」と聞いてくるようになった。

もちろん払ったらデキたかもしれんが、いい加減ムカついたので、

適当なところで断念。今回の計画で初の撃沈でした。

俺が理不尽なのは重々承知だが、なんか後味悪かったな。

ちなみに瑛子サン、実は処女じゃねえかと密かに思ってるが、確認する気はない。

【スーツの似合う理恵さん】

理恵さん(28歳)は隣の部署だが、互いによく出入りしてたんで、

わりと親しく話せる間柄だった。モデルの川原亜矢子を10cm小さくした感じ。

優しい人だけど、どこか知的でクールな雰囲気も漂わせてる。

まっすぐな黒髪を後ろでキュッと結わえ、スーツ姿で颯爽と歩く姿がキマッてた。

うちの社は私服勤務だったけど、制服着せたら似合いそうだ。

難点は家族。結婚3年目はいいとして(いいのか?)子供がまだ小さい。

いつも定時に退社してチビを託児所に迎えに行くから、

仮にその気になったとして時間がなあ…と、正直あまり期待しなかった。

もともとダメで上等!のつもりだったんで、これも普通に誘ってみる。

ちょっとマジメな顔になって「冗談…でしょ?」と返すのが彼女らしい。

ただ、頭から拒否する感じじゃなかったな。

揺れてるようなので、とにかく口説いたけど、その時は色よい返事なし。

やっぱり子供がネックかあ…なんて考えてたら、

翌日の昼休み、理恵さんに「ねえ…ちょっと」と呼ばれた。

周りの人気をうかがいながら連れて行かれたのは、別棟にある「資料室」。

使わなくなったビデオデッキとか電話機とか、よく分からん備品が置いてある。

足を踏み入れたのは入社して初めてだった。

部屋に入って理恵さん、「気持ちは嬉しいけど…子供もいるし…」。

旦那が出てこないのは気の毒だったが、その気がないわけじゃなさそう。

両腕を軽く抱くようにしたら、ギュッと抱きついてきて唇を重ねてきた。

うおっ!期待を超える展開。

昼休みは60分間…この時間は周りの部屋に人はいないはずだ…

こういう時だけ回る頭で瞬時に状況判断しながら、後ろ手でドアを閉じ施錠。

舌を挿し込みながら、強く抱き返してヒップをまさぐる…たまらん感触だ。

スカートをたくし上げ、パンストとパンティーに手を差し入れて感触を楽しむ。

理恵さんもその気だったのか、身を委ねたまま手を俺の下腹部へ。

わあ、もうカッチカチだよぉ…カッコ悪ぅ~。

場所が場所だけに脱がせるわけにもいかない。

とりあえずブラウスの前ボタンを全開にしてはだけると、

勢いにまかせてインナー(婆シャツ)をたくし上げ、ついでにブラも押し上げた。

スーツ越しには目立たないが、オパーイは結構あって推定C~D。

白い膨らみを揉みながら乳首を吸うと、母乳こそ出なんだが、

気持ち良さそうに顔を歪めた。

我慢できない俺。スカートはそのままでパンストとパンティーを一気に降ろし、

黒々とした陰毛を指で愛撫…奥さん、濡れ濡れでんがな。

指マンだけで「もう…ダメッ」と切なげな声を漏らす。

我慢できず、チャック下ろしてチンコを取り出すと、

片脚を抱えるようにして立ったままブチ込んだ。

運悪くコンさん持ってなかったが、そういう状況じゃなかったもんな。

立位は経験ないわけじゃねえが、やっぱ難しいな。周りも気になるし。

それでも理恵さん、声を押し殺しながらも「ひいぃ…はあぁ…」と息が荒い。

いったん抜くと俺の前にひざまずき、チンコを熱心に吸い立て始めた。

半分は状況に興奮したせいもあって、2年ぶりくらいに口内発射しちまった。

テヘッ。

1回出しても元気なままなので、時計を気にしながら理恵さんに手を突かせ、

前戯もなく後ろからズブリ。捲くれたスカートから覗く尻が、丸くて美しい。

経産婦だけど締まりはいいぞ。

『人、来るなよぉ…』と祈りながらピストンしたら、必死で堪えてた理恵さんも、

「あああぁぁ…」とくぐもった声を漏らし、ビクビクッと全身を痙攣させた。

同時に俺も奥深く差し込んだまま発射。いやあ、出した出した。

いや、中出しはマズいなとは思ったんだけど、止まらなかったっス。

ちなみに、これが俺の社内エチー初体験。身づくろいを整え、

再び周りの様子をうかがいながら職場に戻ったのは、午後1時すぎだった。

昼飯食い損ねたけど、理恵さんは食えたし…とりあえずセーフ?

理恵さんも怪しまれずに職場へ戻れたらしい。

それからは社内で2人きりになったら物陰でキスしてくれるようになった。

本当はエチーもしたかったが、一応「1回だけ」って決めてたし。

それでもトイレで2~3回、口でしてもらっちった。テヘッ。

【バツ1の久仁子さん】

ちょっとクールなキャリアウーマン風の久仁子さん(35歳)。

旦那と別れて2年、女手ひとつで小さな娘を育てるママさんには、頭が下がる。

外見は…小山のような体格の太田房江(大阪府知事)。ハイ、ブサです。

正直バツイチだしブサだし、溜まってるだろうから、誘えば乗ってくるんじゃ

…と甘く考えてた。どっか怖い雰囲気の人だけど、思い切って言ってみたら

…ギロッと睨んで「どういうつもり?」怖えぇぇ~!

でも、根は悪い人じゃないと知ってたから、軽い感じでさらに頼むと、

「責任取れるの?」さらに怖ええぇぇ~!シドロモドロになる情けねえ俺。

逃げよっかな…と及び腰になってたら、帰り際に「来なさい」…と、

そのまま盛り場へ連れてかれた。2人でさんざ飲んで、

そのまま引きずり込まれるようにラブホに突入。

自分が言い出したこととはいえ、ワタシ、かなりビビってました。

部屋に入るとさっさと脱いで、俺も脱がせる久仁子サン。

そのままシャワーも浴びず、ドドッとベッドに押し倒された。

超怖ええぇぇぇ~~!

体はかなり立派でしたよ。オパーイはF超だし、俺の顔くらいある巨尻。

その分、お腹もデカかったけど。

セクースは超攻撃的だった。俺、普段は攻めるのが好きなんだが、

そんなのお構いなしに、手コキにフェラにパイズリに…。

ずっと仰向けのままって、風俗でも未経験だったけど、

何だか勢いでオッキしちまいました。

そのまま俺の顔面にマン擦り付けるんだが、

こっちは何もしてねえのに濡れまくってる。攻めると興奮するタイプなのね。

「アアァ~」ってトドみたいな雄叫びを上げると、俺の股間に跨って腰をズドン。

本当にズドンって感じの挿入だった。

奥深くまでハメたまま、狂ったように腰を振りたてて、

そのまま勝手にイッちまった久仁子サン。

自分勝手なエチーする奴って、女にもいるんだな

…つうか、そんだけ溜まってたのかもしれんが。

こっちはイケてないので、今度は俺が上になってピストンしたが、

なんつうか「もう満足」って感じで放心状態のまま。

それでも懸命に腰を振ったら、ようやく「オオオォ~ッ」と雄叫びを上げたんで、

こっちもようやく発射できた。

終わったらさっさと服を着て「A君(←俺)、結構ステキだったわよ」とニヤリ。

とにかく怖くて疲れたな。

【超熟女?の千枝子さん】

千枝子さん(58歳)は職場の女性最年長。お茶くみやらゴミ捨てやら、

細々した雑用をテキパキこなすパートさんで、明るいオバさんって感じの人だ。

老若男女問わず人望も厚いが、ずんぐりした外見は

女漫才師の正司歌江(うちら陽気なカシマシ娘♪のリーダー)似。

旦那はタクシー運転手で、子供は全員独立してたはずだ。

かなり迷った末、言うだけ言ってみる。最初はポカンとしてたが、

意味が分かるといきなり笑い出し、「やだぁ~~っ」と言いながら

俺にオバさんチョップを食らわせ始めた。

「もお、オバさんをからかって…」って反応だったんで、

押せば何とかなるかと思って押したんだが、相変わらず大笑いするばかり。

まあ、確か息子よか年下だったし、本気にしてもらえないのも仕方ないけど。

それでも押すと、逆に「A君(俺)寂しいの?いい子紹介したげようか?」と

話が変な方向に。「いえ、千枝子さんがいいんです」と心にもない反撃を試みたが、

笑うか心配するかで取りつくシマもないので、結局あきらめた。

う~ん、時間を掛けて攻めれば落ちたかもしれんが、

正直そこまでする気にはなれんかった。

ヘタレと言われても仕方ねえけど…うちの母親よか年上だし。

ゴム風船みたいな体型にオッキする自信なかったしな。

いや、ホントいい人なんだよ。

ただ、全面敗北には違いない。素直に退散。

【ギャル系のエリカ】

お口直しじゃねえが、ギャル系派遣社員のエリカちゃん(21歳)は

社内のアイドル的存在。いつも短めの可愛いスカート履いてて、

縦巻き茶髪に今どきメークと、まあ男を意識した外見だ。

実際、榎本加奈子(大魔神嫁)似の美人でモデルみたいな細身。

脚なんてすっげー細いし、読者モデルで何度かファッション雑誌にも載ったそうな。

日ごろは「彼氏ですかぁ?ふふふ…いませんよぉ」と言ってたが、

男の出入り激しそうだし、なんつうかネジ緩めの喋り方。

軽そうだし何とかなるかな…なんて思ってた。

お友達が多くて、なかなかチャンスがなかったんだが、

ようやく2人きりになったところでお願いしてみる。

輝くような笑顔で「ええ~?やだあ~」

OKなんだか拒否なんだか分からん。

そのうちお仲間が来たので、後日再挑戦するつもりでその場を去ったんだが、

帰るときしっかり会社前で待ってやがった。

で、俺の腕につかまるように歩き出す…って結局OKかい!

連れて行かれるまま電車に乗って着いたのは…自分の下宿じゃん。

「いらっしゃいませえ」と俺を招き入れたんだが、すぐ異変に気づいた。

部屋中タバコ臭いし、男物のスニーカーあるし、男性雑誌あるし

…お嬢さん、同棲中でしたか。

「誰かと一緒に住んでるの?」と聞いたら、「えっとお…弟よ♪」

…ってベッドの脇にコンさんの箱あるんスけど。

何も考えてないのか、さっさと下着姿になると、

俺の服も脱がせ始めたエリカちゃん。ここで男に踏み込まれたら修羅場るな…

「彼氏、帰ってきたらマズくない?」と聞いたら

「大丈夫よぉ。カレ今日はバイト遅番だしぃ」…ってやっぱ彼氏じゃん。

ネジの緩さに呆れながら、どうとでもなれと女の待つベッドへ転がり込んだ。

それにしてもエリカちゃん、細いね~。お兄さん感動しちゃう♪

小麦色の肌は張りがあるし、お尻は丸くてちっちゃいし。

ただ、オパーイは思いっきりAでしたな。

エチーはちょっと難航。乳首攻めながら手マンしたが、

顔振って「アン…アン…」と言うばかりで、オツユも少なめ。

マグロじゃねえが、感度が悪いのか、俺が下手なのか…と焦った。

何とか挿入し(緩かったっス)頑張って腰を振るが、

それでも同じペースで「アン…アン…」。

さらに焦って、チンコ抜けそうになるくらい大きめのストロークで

抜き差ししたんだが…いきなりだった。

「アアーーッ!」と絶叫したと思ったら、アソコに溢れる愛液の洪水。

そのままぐったりして荒い息をついてた。一応、感じてたらしい。

終わっちまうとさっさと下着をつけて、俺に服を渡す。

う~ん、近ごろの子はアッサリしてるねぇ。

余韻もへったくれもないけど、俺も彼氏の帰宅時間が気になってたので、

急いで服を着ると家を出た。あ、シャワー浴びてねえや。

帰り際、頬にチュッとして「またしようね♪」と輝く笑顔。

どこまでも緩くて軽い女でした。

【本命?の摩子さん】

週3~4日、派遣で事務処理を手伝ってくれる摩子さん(35歳)。

旦那は同じ会社の正社員(俺とは別の部署)だ。

実は前から『是非お願いしたい!』と思ってた人だった。

この企画を思いついたのも、退職前に彼女と1発ヤリてえなあ

…なんて妄想したのがきっかけだったし。

ママドルの堀ちえみ系で色黒小柄。普通に美人だと思う。

イモっぽいといえば言えなくもないが…要は俺のタイプってこった。

元気な盛り上げ役で、本人は「オバさんのノリ♪」のつもりらしいが、

人知れぬ色香を俺は見逃さない。

○学生の子供が2人もいるなんて、とても信じられんな。

とはいえ、旦那が近くにいるわけで行動は慎重に。

いつもにも増して気合いを入れて誘ってみる。

当然、旦那の目を気にして「なんてこと言うのよ」と焦ってたが、

俺が半端な気持ちじゃないと分かるや、やっぱ戸惑いを隠せない様子。

困らせてごめんねぇ。

うまい具合に、その日は2人並んで事務処理してたもんで、

今までの思いを切々と訴えた。もちろん、周りに聞こえないよう小声でだ。

今回の企画、「前から好きだったんです」は自分の中で禁じ手にしてたんだが、

この人だけは嘘じゃないので解禁した。だって俺がルールブックだもん。

過信じゃなく、向こうも憎からず思ってたみたい。

「嬉しいけど…どうしたらいいんだろ…」

悩ませて本当に心が痛んだが、終業までにはその気になってくれた。

とはいえ、子供がいるんで遅く帰宅できないし、休日も1人じゃ出かけづらい。

社内に旦那がいるから「仕事で遅くなる」って言い訳もできない。

結局、彼女が非番の平日に外で会うことにした。俺は有給。

繁忙期だったけど、どうせ退職するんだし、労働者の権利は行使する。

組合にゃ入ってなかったけどな。

街外れのモールで待ち合わせて、ゲーセンでしばらく盛り上がる。

子供のようにはしゃぐ姿が可愛い。昼食を済ませ、2人でドライブしてると

「アタシなんかで…いいの?後悔しない?」なんて聞いてきた。

いーんですってば!そのままドライブインのラブホへIN。

気持ちは固まってるとはいえ、緊張したまま部屋に入る2人。

しばらく見詰め合ってからそっと抱き寄せると、

静かに頭を預けてきて目を瞑る摩子さん。この時点でフル勃起の情けねえ俺。

キスしながら体をまさぐり合って…こんなに緊張するなんて、

十何年か前の筆下し以来だった。

時間を掛けて全部脱がせ合ったんだが、期待以上にキレイな体で驚いた。

上背は155cmくらいで肌は浅黒いけど、推定D~Eのオパーイは

ちょい垂れながら張りは十分だ。乳首の色が濃いのは仕方ねえか。

ウエストのラインも崩れてなくて、アンタ本当に2児の母?

と小一時間問い詰めたくなった。

2人でシャワーを浴びてベッドで抱き合う。

腕の中にすっぽり収まる小柄な体躯がたまらんぜよ。

時間はあるので、こっちも気合を入れて愛撫させていただきますっ!

マン毛は薄め。興奮するとクリが人並み以上に肥大してきて、

またそれが性感帯だもんで、刺激するたびターボが掛かるタイプらしい。

乳首を舐めながら指先でいじりたおしたら、

「凄いぃ…いいのぉ」なんて叫びながら何回もイッてくれた。

今でも不思議なんだが、裸で抱き合ってると、

なんつうか「愛しい…」って感じになってさ。今回のゲームじゃ経験のない感情。

俺が組み敷く体勢になって見詰め合うと、摩子さんが小さな声で「入れて…」。

言われたとおりにしましたよ。ただ、2人とも盛り上がり過ぎたのか、

コン装着するって雰囲気じゃなくて、はからずも生でした。

体も良いが、アソコの締まりも最高…つか、深さも広さも

俺のチンサイズにぴったり吸い付く感じで、ちょっと感動ものだったな。

同じことは摩子さんも感じてたらしく、

「旦那の…奥まで届かないから、あんなに感じたことなかった」と

あとで告白してくれた。ちなみに、旦那とはレスに近いそうな。

嗚呼、ここにも極悪もったいないお化けがぁ!

「ああぁ…あああぁ…」喘ぎ声を聞きながら正常位でピストンしてたが、

あまりの色っぽさに我慢できず、わずか15分で第1波発射。

まだまだ元気だったんで、休む間もなく松葉崩しで腰振り続けたが、

これまた喘ぎ声に興奮しまくり、あえなく第2波。

この日に限ってなぜか早漏の俺。どっちもあり得ないくらい大量に出たが、

不思議と「やべえ、生だよぉ」なんて考えなかった。

2回戦が終わったところで、腕枕してイチャイチャしてたんだが、

摩子さんたら、そっとチンコに手を伸ばしていじり始める。

これが「神の手」?すぐに回復したので、後ろから抱えてバックで挿入。

ウエストが締まってる割に尻は立派で、後姿だけでも興奮度最高っス。

3発出したら、さすがにちょっと疲弊気味だ。気合い入れすぎてたし。

仰向けで休憩してたら今度は摩子さん、布団に潜り込んできてパクリ。

おおっ、これは「神の口」?すぐに回復する俺も凄えけど。

下腹部に埋めてた顔を上げて、摩子さんが初めて「好き…」と呟く。

それから俺もおかしくなった(最初からおかしいか?)。

互いに「好きだ」「好きなの」とうわ言のように繰り返しながら唇を重ねる。

そのまま彼女が上になって騎乗位で1発。またまた大量射精。

もう休憩も何もなく、そのまま座位に移行した。不思議とチンポは衰える気配なし。

さらに正常位になって腰を振りまくった。

チンポ出し入れするたび「好きよぉ~!イクぅ~!」なんて声を上げ、

実際そのたびイった摩子さん。俺が5回出す間に10数回昇天したんじゃねえか。

最後に正常位で一番奥に差し込んだまま、渾身の力を込めて放出すると、

摩子さん、この日4回目の潮吹きと同時に失神しちまった。俺も気が遠くなった。

それにしても、俺にあんな精子製造能力があるとは…我ながら驚き。

終わってからも、帰り道じゃラブラブモード。

車中で何度もキスしながら「好き」と囁き合う様は、完全にバカップルだな。

いや本音、俺もかなりグラっときてた。

『子供連れで駆け落ちしたらどうなるかな…』なんて妄想したり。

この摩子さん、俺が本気になりかかったのもそうだが、色んな意味で特異だった。

今回のゲームじゃ、それぞれの女とは「1回きり」と決めてたんだが、

摩子さんだけはその後3回ほどセクースした。彼女が非番の日に

俺が有給取ったんだが、とりあえず旦那には怪しまれなかったみたい。

それから、社内エチーの理恵さんは別としても、あくまでも「遊び」だし、

コンさん装着は義務…と自分自身に課してたつもりなんだが、

摩子さんは最初からそういう雰囲気じゃなかった。

ホテルに備え付けてあったんだけど、手を伸ばす気にもならなかったし。

その後3回のセクースも、お互い暗黙の確信犯って感じで生中出しした。

2人ともおかしくなってたんだろうが、今から思えば恐ろしい。

思い入れが強すぎて、ちと長くなっちまったぜ。

【女部長の美登利さん】

これ以外にも何人か、比較的親しくしてた女子社員がいたんだが、

2人きりになれなかったりして決行には至らなかった。

女は集団行動することが多いんで、機会を見つけるのが難しい。

そこで、さすがに上司はどうよ…と思いながら決行しちまったのが、

直属の部長でもある美登利さん(46歳)。

スーツとメガネの似合う「キャリアウーマンざます!」って感じの人で、

田中真紀子からアクを抜いて少し細くしたら、かなりイイ線いくかもしれん。

旦那は某有名企業の重役で、子供は大学生と高校生だったはずだ。

退職前の報告やら何やらで、部長の個室(大部屋の一部をパーテーションで

区切っただけ)へ行く機会はあった。もともと小さな会社だしな。

入社以来、何かと目を掛けてくれて、社内人脈じゃ俺は

「××(美登利さん)派」って見られてたみたい。

さすがにビビったけど、ここで突っ張るのが醍醐味。

報告がてら「お願いがあるんですが…」と切り出し単刀直入に誘ってみた。

美登利さん、真っ赤になって「気でも違ったの?」とメガネの奥の目を白黒。

そりゃ入社2年の坊やに誘われたら驚くわな。

その時は「もういいから、部屋に戻んなさい!」で終わったが、

めげずに部長室へ行くたびお願いする。しまいにゃ「いい加減になさい」と

たしなめられたが、これくらいでクビにはならんだろう。

なったところで再就職先も決まってるし、退職金もタカが知れてるし

…なんつう思いもあった。

とはいっても幹部社員にゃ都合があるわけで、

「頭冷やしなさい」と言われたまま思いは果たせず、ついに俺の送別会。

この時点で、実はほとんどあきらめてた。やっぱ無理だよお。

居酒屋での1次会、バーでの2次会が終わると、

イイ気分になった参加者が三々五々、夜の街へと消えて行く。

主婦陣は1次会で引き揚げたが、女の子数人(同期の美紀、新人の真美、

ギャル系エリカ…)は俺と一緒にいてほしそうなオーラ出しまくり。

どうしよっかな♪と思ってたら、部長が声を掛けてきた。

「A君、明朝までに報告出さなきゃならないから、社まで来なさい」

そんな報告あったか?と酔った頭で思いながらも、ふらつく足取りで会社へ。

ロックを解除して社屋に入ったら、さすがに中は真っ暗だった。

ちなみに元勤務先は警備会社直通システムなので、夜間に警備員はいない。

美登利部長、相当飲んでたはずだが、足取りはしっかりしてたな。

俺を連れて部長室に入ると、ジャケットを脱いでハンガーに

…ここまではいいが、あっちを向いたままベルトを外してスカートを下ろし、

白いブラウスも脱ぎ捨てる。どれも高級ブランドっぽい。

唖然としながらも「ああ、そういうこと…」と、遅まきながら気付く俺。

いやホント、あきらめて忘れてたんだよ。

スリップも脱いで下着姿になると、ようやく俺に向き直り、

「どうしたの?」と妖艶な笑みを浮かべる部長。

俺は慌てて安物のネクタイを外しスーツを脱ぎ捨てた。

下着だけになった俺に再び背中を向け、部長の命令は続く。

「ねえ、外してちょうだい」これまた高級そうなブラを外し、

ついでにパンティーも除去してやった。

部長の体、年の割には見事…とまでは言わんが、

そこそこプロポーションは保ってたな。

さすがにオパーイは垂れてたがEはあるし、お腹の弛みもほとんどない。

お尻は、やや下がり気味だが肉厚だ。

肌もキレイで、酒が入ってなけりゃ普通にオッキしてたな。

下の毛に白髪が混じってたのが、ちょっと悲しかったけど。

「あら、アタシだけ脱がせるの?」

部長に言われちゃあ…てわけで、こっちもパンツを下ろしてご開帳。

命じられるままソファに座らされ、女上司にたっぷり玩具にされた。

玩具つっても基本、部長が手や口で刺激してくれたわけで、

向こうの命令も「指入れて」「舐めて」くらい。

そんなにSMチックな主従関係プレーだったわけじゃねえぞ。

部長の愛撫やフェラも優しくて、酒入りチンコも見るみる元気になった。

部長はヤル気満々だったらしく、最初からかなり濡れてた。

俺がフル勃起すると満足そうな笑みを浮かべ、下腹部を跨いでゆっくり挿入。

アソコの相性は摩子さんに適わないが、中で膣壁がヒクッと締まったり

…これっていわゆる名器?

という間に部長、「凄いぃぃ~、イクぅぅ~」と叫んでお先に行っちまった。

ちなみに、さすがに部長室にコンさんはないので、生でした。

俺はまだイッてなかったが、部長が達したところで何だか「中折れ」。

う~ん、酒のせいだ。仕方ねえな…なんて思いながら、

全裸でソファに横たわる部長の姿を見てたら、

なんつうか「俺が虐めてやる」って邪な欲望が湧いてきたわけ。

「どうせここまでやったんだから」という思いもあって、

グラマーな肢体に襲い掛かると、さっきとは逆に攻めたおしてみた。

初めは「ちょ、ちょっと…乱暴は…」なんて抵抗してた部長だが、

髪をつかんで顔を上げさせ口にチンコ押し込んだら、

その気になったらしく黙ってしゃぶり始めた。

「女上司を襲うシチュ」に萌え、いつの間にかフル勃起に回復。

俺は部長を床(一応、ソファのエリアはカーペットつき)に倒すと、

馬乗りになってエイヤッと挿入。

あとは突くわ突くわ、前から横から後ろから突きまくった。

「ああ…イヤッ!ダメェ!」とか叫けびながらも、アソコから溢れるオツユ。

もしかして部長、M属性もあったのね…なんて思いながら、

なおも腰を振り続けたら、「あああぁぁ~」と咆哮を上げて半失神した。

俺も同時に精子大放出♪

部長って、まだ生理アガッてないよな…ま、いいか。

翌朝、俺が部屋に行ったら真っ赤な顔でうつむいて、ちょっと可愛かった。

退職まで数日間、毎日1~2回は何かと用事を作って部屋へ行ったが、

なかなかエロいことするチャンスはなし。秘書役の庶務係が不在だった1回だけ、

部長席に座った俺の足元にひざまずいてフェラしてくれたけど。