会社の後輩のエロいカミングアウト

同じ部署に、三つ下で美人の後輩、麗奈(仮名)がいた。

麗奈は、25歳、新卒で入社して3年目、会社の誰もが認める美人だった。学生時代から付き合っている彼氏がいて、美人ではあるけど、彼氏がいるという事もあり、社内で浮いた話はなかった。

麗奈に手を出そうとする男性社員もいなかった。背は165cmくらい、スラーとしていて、若いけど凛とした雰囲気があり、いわゆる高嶺の花って印象だった。

ある日、会社帰り、同僚たち5人で飲みに行くことになった。俺を含む男三人に女二人。女のうちの一人は麗奈で、普段、そういった突発的な飲み会にあまり参加する事のない麗奈も参加すると聞いて少し驚いた。

会社近くの安い焼き鳥屋で飲んだ。ガヤガヤしている店内で、少し大きな声を出さないと声が届かないような店だった。

麗奈は、俺の斜め向かいに座った。斜め45度から見える麗奈の顔を見て、綺麗だなーと感心していた。麗奈に彼氏がいる事は当然知っているし、手を出そうなんて事考えた事もない。だけど、ほれぼれするって表現がぴったりなくらいに、美人だなーと思っていた。

同僚たちと、最初は、会社の事、仕事の事、上司の愚痴なんかを喋っていたけど、酒が進んでくると、男女の話、恋愛の話になってくる。

恋人がいる奴は自分の恋話を披露したり、会社の誰がエロいとか、誰が恰好良いとか…。当時、俺は彼女がいなかった。1年くらい、独り身の寂しい日々を送っていた。そんな中、麗奈の他、もう一人参加していた女子社員、ミサ(仮名)が、

「タカシさん(俺の事)はどういう女性が好きなんですか?」

と、聞いてきた。ちなみにミサは、麗奈の一つ下、新人で入って二年目、今日参加している5人の中では最年少だ。美人ってわけじゃないけど、愛想もよく、いつも笑顔で、少し天然なところもあり、部署のムード・メーカーといった感じの女だった。

酒もまわってきていた俺は、

「やっぱエロい女がいいな!」

って答えた。ミサは、「えー!じゃあ○○さん(さっき会話で会社内でエロいと言われている女子)が好きなんですかぁ??」と聞いてきた。

「いやぁ、俺はああいうグラマー系はあんまりだから…」

するとミサは、「あ、じゃあ、麗奈さん系が好きってことですね!」。そう言われた瞬間、麗奈を見ると、視線があってしまった。ドキっとした。

「やっぱ麗奈さんモテるんだなー、美人だもんなー、いいなー」と、ミサ。ミサも酔いが回ってきているらしい。

すると、横から先輩が、「おい!木下(麗奈の事)は止めておけ!木下は結婚決めてる彼氏がいるし、固いからな!」と言ってきた。

「狙ってねぇっすよ!」

と、否定した後、再び麗奈を見ると、また視線があった。ドキっとした。麗奈もアルコールが入ったせいで、頬がうっすら赤く染まり始めていて、妙にそれが、エロく感じた。

そらからガヤガヤうるさい焼き鳥屋を出ることになった。皆は、二軒目に行くようだった。俺は、明日朝早く、重要会議あるという理由で帰ることにした。先輩も、その重要会議の事を知っていたから無理に帰るのを止めようとしない。ミサは、「カラオケ行きましょうよ~」とわめている。もうだいぶ酔っぱらっているみたいだった。麗奈は、この後どうするか聞かれ、「帰ります」と答えていた。それを聞いて、ミサは、「え~麗奈さんも行きましょうよ~!」とまたわめていた。先輩が、「木下は彼氏の門限あるから帰んないとなー」と言ってミサを引っ張っていった。結局、店前で、俺と麗奈、他三人で別れる事になった。

俺と麗奈は、駅に向かった。駅に向かって歩いている途中、俺は、「こういう飲みに参加するの珍しい気がするけど、今日はなんで?」と聞いてみた。

「珍しくないですよ、たまに飲みますよ、ミサちゃんとも先週飲んだし」

なんだ、俺が麗奈と飲む機会がなかっただけか…と、なぜかその事実にしょんぼりしていると、

「タカシさんが飲みに行くの、珍しいんじゃないですか?いっつも仕事忙しそうですもんね」

と、言われた。確かに、俺自身、酒がそんなに好きじゃないし、酒飲んで騒ぐのも趣味に合っていない。会食や接待は行くけど、好き好んで同僚たちと飲みにいくタイプじゃなかった。

「今日は、タカシさんの意外なところ知れて楽しかったです」

麗奈が、そんな事を言った。

「意外な事って?俺、何か変な事言った?」

すると麗奈が、うっすら笑いながら、
「エロい女性が好きなんですよね?」

頬を赤く染めて、うっすら笑いながらそんな事を言う麗奈に、ドギマギしてしまった。
「ああ、あれね、あれは酔ってたから、まあ、適当に言っただけで…」

すると麗奈が、

「ふーん、私も結構、エロいんですよ」

と、答えた。

これは、どいうことだ?俺は、ドギマギが増殖すると同時に、頭が混乱してしまった。あの凛とした雰囲気の麗奈、誰もが美人と認める麗奈、高嶺の花で男たちが手を出せそうな様子もない麗奈が「私も結構、エロいんです」って、これは…。

そんなドギマギが続く中、二人で歩き、そして、駅に着いた。

そういえば麗奈が住んでる駅を知らないなと思い、どこの駅で降りるのか聞くと、俺と同じ方角だった。乗り換えのため、電車に乗って3つめの駅で、先に麗奈が降りる。

俺は、今日、このまま麗奈を帰らせていいんだろうか?と自問自答した。麗奈には彼氏がいる。俺は明日の朝早く、重要会議がある。普通に帰って、眠った方がいい。それはわかっている。けれど、もしや、先ほどの麗奈の発言が、誘っているとか?いやまさか、俺なんかをあの麗奈が誘うなんて事はない。いい気になって、俺が麗奈を誘って勘違い男とされるのも嫌だ。どうする、どうする、どうする…。

気が付くと、麗奈が降りる駅に着いた。麗奈は、「お疲れ様でした、明日、頑張ってください」と言って、電車を降りた。電車を降りた後、振り返って軽く頭を下げた。

その姿を見て、俺の身体は、足を踏み出し、電車から降りていた。麗奈はビックリした顔をして、俺を見ていた。

「あの…ああ、そう…もう一杯くらい飲んでいかない?もう少しなんか、飲みたい気分で」

最初、どもり気味になってしまったのが恥ずかしかったが、俺は言った。すると麗奈は、ニコっと笑って、

「いいですよ」

と、答えてくれた。

降りた駅で適当に居酒屋を探して入った。一杯、二杯と飲み進むうち、やっぱりアルコールが回ってきたせいで、俺自身、勢いが出てきて、

「さっき、エロいって言ってたけど、あれってどういう意味?」

今になって思うと、随分とストレートな聞き方だったなと思う。麗奈は、

「そのまんまの意味ですよ」

そして、エヘヘといった感じで笑った。麗奈も随分と酔ってきたみたいで、普段とはちょっと様子が違う。よく笑うし、どこかテンションが高い。いつもは、可愛いといより綺麗、美人という方がしっくりくる麗奈の、エヘヘという笑い方が可愛く感じられた。

「てことは、浮気とかしてるって事?」
また、馬鹿みたいにストレートに聞く俺。

「浮気は、してません!」
毅然とした感じで答える麗奈。

「そうだよね、ごめん、ごめん」
ちょっと焦って謝る俺。

しかし、そんな麗奈が、意外な事を言いだした。
「正確には…下の口での浮気はした事ないっていう事なんですけどね…」

どういう事だ?瞬間、意味がわからなかった。だから、そのまま聞いた。
「それって、どういう事?」
「だから、そのまんまです」
「ん?じゃあ上の口では浮気した事あるって事?」

それから麗奈は腕組みして、んーーーといった仕草をし、そして、
「あー、私、だいぶ酔っちゃったみたい。タカシさん、口固いですか?」

俺は、麗奈から何か秘密事を聞けるのかもしれない、何か凄い事をカミングアウトされるのかもしれないとワクワクした。
「固いよ。俺の口の固さは会社でも有名だよ!」

それでもまだ少し考えてる様子の麗奈、しかし、
「じゃあ、酔って気分よくなっちゃったから、言っちゃいますね。…あ、これ、会社の人誰にも言ってない事ですからね。」

それから、前かがみになって麗奈が顔を俺に近づける。そして、小声で、

「わたし、フェラするの、好きなんです」

俺の頭の中はパニックだった。麗奈が、凄い事言っちゃってる…!麗奈がフェラが好きって…!どういう事だ?俺はどうしたらいいんだ!?

すると、「あー、恥かしい」と言う麗奈の声が聞こえた。それで俺は、

「あ、あのさ、何でフェラが好きなの?」
「うーん、私、Mなんだと思うんですよね、男の人が気持ちよくなってるのが好きというか、興奮するというか。ご奉仕するのが好きなんです」

麗奈がご奉仕って…。俺はもう、半勃ち状態だった。

「それで…、彼氏以外の男のフェラもした事あるって事?」
「ちょっと…!あんまり大きな声で言わないでくださいよっ!…まぁ、そうなんですよね。彼氏とは付き合って長いから、わたしがフェラしてもあんまり喜んでくれなくなって。初めてしてあげる男の人だと、凄く喜んだり気持ちよさそうな表情してくれるから。なんかそれが新鮮で」
「どういうとこで…そういう男と出会うわけ…?」
「合コンとか、知り合いの知り合いとか…」
「今まで何本くらいあるの?その…彼氏以外で?」

そうしたら、麗奈がアハハと笑った。
「何本て、生々しいけど、正しいですよね。でも、そんな多くないですよ、4本かな、5本かも」

4本とか5本て多くないのか?十分多くないか?そんな事を考えながら、そして、再びアルコールの力を借りて勢いで言ってみた。

「そんな話聞くと、俺もされちゃいたくなっちゃうんだけど!」

麗奈は、即答だった。
「それは、ダメですよ。同じ会社だし。ほら、それに、タカシさん、明日の朝早いし」

ここで引き下がったら、俺は人生における大きなチャンスを逃す!そう思い、
「明日の朝は大丈夫。ちゃんと起きれるからさ。ダメだ!想像しちゃって!されたくなっちゃったよ、アソコももう大きくなってきちゃったし」

ちょっと大きな声で言ったのが効いたのかもしれない。麗奈は、驚いた様子で「本当ですか?」と言い、そして、俺の目をじっと見てきた。ああ…やっぱり美人だ…、こんな美人にフェラされたらヤバいんだろうな…。

「本当に大きくなっちゃいました?」
「ああ、興奮しちゃったから、我慢できなくなった」

また、うーーんと考える仕草を見せた麗奈は、

「タカシさん、口固いですもんね?」
「口は固い!絶対誰にも言わない!約束する!」
「じゃあ…、うーん、そうですね、はい、こんな話したの私ですもんね」
「そうだよ、木下がそんな話するから」

それから麗奈は、少しの間何か考えている様子を見せた後、俺の顔をのぞき込むようにして、
「タカシさん、ここのお店、ご馳走してくれます?」
「それくらい、勿論だよ!」

そして、俺たちは会計をして、席を立った。席を立つ前、最後、どうして俺にそんな話をしたのか聞いた。麗奈は、

「会社の男の人に、二人でお酒誘ってもらったの初めてで、嬉しかったからかもしれないです」
と、答えた。

店を出た後、タクシーを拾って俺の家に行った。家に入ると麗奈は「わー綺麗。彼氏は何回掃除してあげてもすぐ汚くなっちゃうんですよ」と言った。そう、俺は綺麗好きなんだ。平日は仕事ばかりで、家にいる時間自体少ないから部屋がグチャグチャになる要素もないし、週末は欠かさず家の掃除をする。

そして、麗奈はソファに座った。俺は、インスタント・コーヒーを煎れてあげた。

「ありがとうございます」と言って麗奈はコーヒーを飲んだ。俺は、麗奈の隣に座った。これから始まる事を想像してドギマギした。何だか、落ち着かない。何と話しかければよいのかわからない。麗奈も無言でコーヒーを飲んで、キョロキョロと部屋を眺めた後、
「タカシさんらしい部屋というか、人が住んでない部屋みたい」
「あんまり物もないしね、寝るだけの場所みたいなもんだから」

麗奈は、「そっかー、忙しいですもんね仕事」と言った後、コーヒーをテーブルに置いて、体を俺の方に向けた。視線がぶつかる。そして、「明日朝早いんですもんね」と言った後、

「立ってもらってもいいですか?」
「ん?」
「ほら、仁王立ちっていうんですよね、あれです」

俺は、麗奈が言う通り、立ち上がった。麗奈の目の前に、俺の股間がある。すると麗奈は、ベルトに手をかけ、ガチャガチャとベルトを外しにかかった。いきなりかよ!と無言で突っ込みをいれながら、興奮しはじめている俺がいた。ベルトを外してファスナーを下ろす麗奈。何というか、手慣れている。そして、「下ろしますよ」と言って、ズボンを下ろされた。

やばい。この時点で、かなり興奮しはじめてる俺。既に半勃ちな俺。麗奈は、ズボンを脱がせると、すぐにボクサーパンツも下ろした。麗奈の前の前にさらけ出されてしまう俺のチンポ。それを見た麗奈は、

「わぁ、おっきい!」

と言った。

俺のチンポは、確かに大きい方で、今まで付き合った女たちも、最初見たときは、似たような反応を示す事が多い。

「でもこれって、まだ勃ってないですよね?」と、麗奈。
「まだ半勃ち」と答える俺。
「すごぉい、勃ってないのに彼氏のより大きい気がする。まだ大きくなるんですよね?」
そして、手で竿を上下に摩り始めた。同時に、玉も手の平で撫でまわす。これは、相当に慣れてるな、テクニシャンだなと思った。段々と勃起し始めていく自分を感じていた。さらに手の平で亀頭をグリングリグンと摩られた。気持ちよすぎる…!手だけでイッてしまいそうだ、と思った。俺は、完全に勃起していた。

そして、一度、チュッと亀頭にキスをした後、麗奈は、完全に勃起したチンポをまじまじと眺め始めた。そして、

「ほんとにおっきい…確実に今まで見た中で一番大きいです」

何と言っていいものかわからず、とりあえず「ありがとう」と答えておいた。

「…太さも長さも凄い、びっくりです」

それから麗奈は、チュッチュッと亀頭にキスした後、軽く口でくわえながら、舌で亀頭を舐め始めた。上目使いで俺の方を見てくる。視線が合う。美人だ、そんな美人にフェラされてるよ…このシチュエーション、やべぇ…。ますます興奮する俺。

「気持ちいいですか?」と聞く麗奈に、俺は「凄いよ、気持ちいい」と答える。すると麗奈は、口を開いて亀頭を口に含んだ。同時に下で亀頭の先を刺激し続ける。一度口から離し、

「ぅんっ、やっぱり凄い大きいっ」

そして、再び口に含み、今度は、顔を上下に動かし始めた。部屋中にチュパチュパ、たまにジュルジュルといった音が響き渡る。上目使いで麗奈が俺を見てくる。麗奈…エロすぎるよ…。

俺が歯を食いしばってもうヤバい!という顔をしたら、麗奈は、チンポから口を離した。そして、「こっちも好きですか?」と言いながら、玉を舐め始めた。さらに右手で竿を握って摩り続ける。「アァ…すごい」俺が微かに言うと、「ほんとですか?」と麗奈。そして、舌で玉を転がすようにした後、玉を口に含んで刺激してくる。

あなたプロですか?と言いたくなるような妙技だった。

俺はもうイッテしまいそうだった。でも、イクのがもったいない気もしていた。この至福の時間がずっと続いて欲しい、そんな気分だった。

玉舐めを終えた麗奈は、竿を握りながら裏筋をスーッと舐めていく。そして亀頭の淵をなぞりながら、尿道部分を舌でツンツンとしてくる。その間も竿の刺激は止めない。これは、ほんとやばかった。堪らず「あぁ…」と声を出すと、下から麗奈の視線を感じる。下を見るとやはり、麗奈と視線が合う。再び聞かれる。

「気持ちいいですか?」
「うぅ…凄いよ」

居酒屋で麗奈自身が言っていたように、きっとこういう男の表情が好きなんだろうな。麗奈は、今度は、がっぽり口でくわえて、激しく上下に顔を動かした。竿から手を放して、両手を俺の腰の辺りにあてて、まさにバキュームのような感じだ。凄まじい吸引力だった。その間も、チラチラと俺の表情を覗ってくる。

ほんとにやばい、ほんとに…ほんとに…、だってこんな美人が、必死に俺のチンポくわえて、唾液垂らしながらジュッポジュッポしてるんだから…。そして、

「やばいっ…イキそうっ…」

と俺が言うと、麗奈は、「んっ」と小声を発したかと思うと、手で竿を握り直し、口に亀頭をくわえながら、強烈な手コキをお見舞いしてきた。

…そして、俺は、イッタ。

一週間以上溜め込んでいた精液を、麗奈の口の中に放出した。麗奈と視線が重なる中、大量に放出した。量が多すぎたせいで、麗奈の口から白い精液が漏れてしまった。それを手ですくいとる麗奈。さらに驚いた事に、麗奈は、ゴックンと口の中の精液を飲み込んだ。
俺は、グタっとなってソファに座り込んだ。麗奈は、口の周りについた精液を手の平で拭っていた。その自分の手の平を見て、さらに軽く口を開いて舌で自分の口の中をなぞるような仕草をした後、

「凄い量…大きい人って量も多いのかな」

そして、座り込んでいた俺の隣に座りなおした麗奈、俺のチンポを握って、ぎゅーと精液を絞りだすようにし、そして、再び亀頭を口に含んだ。まさかお掃除フェラまでしてもらえるなんて…

精液を搾り取った後、麗奈は、下からのぞき込むような恰好で、再び、聞いてきた。

「気持ちよかったですか?」
「うん…凄かった。こんなフェラは初めてだった」
「本当ですか?満足ですか?」
「満足、最高すぎる」

それを聞いた麗奈は、満足した様子でティッシュで手や口の周りを拭いた。そして、コーヒーを飲みなおした。

「こんなに大きいの初めてだったから、顎が疲れちゃった」

そして、ソファにドサっと身体を預けて、
「だけど、凄い興奮でした」

ある意味では、変態女なのかなと思った。フェラして興奮するって、今まで付き合った中でそんな事を言った女はいない。

「じゃあ、濡れてるの?」
「ウフフ…、相当に、濡れちゃってますね」
「え、じゃあ、したくなっちゃった?」
「それは、ダメです。浮気になっちゃうから」

麗奈の中では、フェラは浮気って事にはならないらしい。二人で食事しただけで浮気という女もいるし、何もしていなくても気持ちが他の女に移ったらそれで浮気って女もいる。それに比べて、何と敷居の低い浮気の定義なんだろう。

「でも、こんなの入れられたらどうなっちゃうんだろうって、ちょっと興味はわいちゃいますけど」そんな言葉を発っしながら、麗奈は立ち上がり、「明日朝早いし、帰りますね」と言った。

そんな思わせぶりな言葉を聞いたら、男として黙ってはいられない!俺も立ち上がって麗奈の身体を掴み、正面で向き合い、キスを…と思ったが、

「タカシさん…これ以上は本当にダメです、ごめんなさい」

結局、麗奈は、帰る事になった。家を出て、タクシーを拾える道路まで送った。タクシーを待つ間、麗奈から、「ほんとにナイショにしてくださいね」と念を押された。

「でも、ほんとに大きかった。凄かった。」

それからさらに、
「最後にもう一つ秘密…たぶん私、今日の事思い出しながらオナニーしちゃうと思います。…ありがとうございました」

そして、麗奈はタクシーに乗って去っていった。

翌日、ちゃんと朝の会議に間に合うように起きて出社、会議をこなした俺は、オフィスで麗奈の姿を見つけた。麗奈が俺の机の横を通り過ぎるとき、ドキっとした。しかし、昨日の事で麗奈から話しかけてくることはなかった。当然だよな。俺も、普段通り接するようにした。だって、ナイショにするって約束したから。

それから、麗奈とは日々、顔を合わしているが、あの日の事は何もなかったかのように普通に接し、普通に過ごしている。

けれど、俺はあの日の事を思い返してオナニーしている。今では最高の抜きネタになっている。

そして、いつの日か、また、麗奈のフェラを受けたいと希望を抱いている。そして、いつの日か、麗奈の最後までしたいと、妄想もしている。